広島うどん屋探訪54

 「うどん屋の後は?うどん屋」 ー樋(とよ)ー

 アルパーク東館の南側に数件の飲食店があります、その1店昔から「うどん屋」
 さんなんですが
 なかなか厳しい経営状況で、ココ何年かで廃業→新店と変わってましたが
 再度新しい店が入りました。。(もうちょっと前ですが。。)
 新しいうどん屋さんの名前は『樋(とよ)』、最初ちょっと読めませんでした
 (笑)。
 樋口さんの「樋」だけ書いて「とよ」と読みます、カンバンに平仮名書いてました。

 12時ちょっとに行くと入口の感じは昔のまま、入口に本日の「サービスラン
 チ」のカンバンと
 お薦めメニューの張り紙があります。SET物もあるようでお昼のランチには
 割安で食べられるみたいですね。。

 中に入ると香川県のうどん屋のポスターが目に入ります、こちら讃岐うどんの店
 だったか?
 手打ちうどんと書いてはあるが「讃岐うどん」は全面には出してない様です。
 手打ちうどんで勝負なのかな?でも入口には「おでん」も置いてあるので意識は
 あるみたいです。
 近年広島でも「おでん」を置いている店増えましたね、香川では当たり前ですけ
 どね。。

 恋太は「鶏天ぶっかけ冷」奥さんにはむりやり「サービスランチ」を頼ませまし
 た(笑)。
 まあ、うどん屋さんを偵察するには、「暖かいうどん」と「冷たいうどん」を両
 方食べないといけません!
 でーーーーっ、とりあえず業務命令を発動するんです(奥さんすんません 
 m(。。)m )
 本日のサービスランチは「温かいうどん・白身魚のフライ・刻み昆布・炊き込み
 ご飯」
 これで650円。さあどんなん出てくる??

 12分で出てきました、「サービスランチ」、かけうどんと言うより「かやくう
 どん」
 「とろろ昆布・カマボコ・天かす」が乗ってます。
 麺は長さが50cmくらい、機械打ちと思われますが。。悪くはない!!
 やや細めで暖め直してる分柔らかさが出て、一瞬見た目「冷凍うどん?」と間違
 えそうです。。
 食べた食感は?、恋太好きな部類です(笑)。
 出汁は鰹・醤油の強い出汁です、イリコが感じられないのはちょっと残念。

 「魚白身フライ」は揚げたてで熱いです。。
 昆布は予想どおり。出汁取った後の残りを細かく刻んで味付けしたものです
 がっ。。旨い!(笑)。
 ご飯は「炊き込みご飯」で薄くも辛くもなく、いい感じですね。。
 これで、650円ですからお得感がありますね。。

 さあ、「鶏天ぶっかけ」です。こちらは冷たいうどんです。
 このうどん、麺線は同じながらいいコシを感じます。こっちが好きだなあ。。
 やや伸びる感じのうどんですね。
 ぶっかけ出汁はきりり締まって、レモンも絞ると。。ううーーんいい感じ。
 ショウガが付いていればいいのですが。。
 忙しそうだったので頼みませんでしたが、、頼んだら出てきた可能性大です。
 鶏天はジューシーな物が4~5個。こちらの鶏天、ササミの様な柔らかい部分
 じゃなくて
 鶏唐揚げに近いかな?ちょっと噛み締めるタイプの鶏天。。

 隣ではこちらのお勧めメニュー『うどんカルボナーラー』が出てきました。
 「和製カルボナーラ」といえばよく『釜玉』の事をさしますが
 こちらは本物の『カルボナーラ』のうどん!!クリームたっぷりです。。
 上から粗引きのコショウをかけてフォークで食べてます。
 本場香川でも「クリームソース」は見たことがありませんねぇ。
 近いものでは「釜玉バター」でしょうかね。。ちょっと興味を引きますね(笑)。
 見るだけでも口の中、クリームソースの甘ーーーい感じが。。
 本日はもうムリ、どなたか行って食べて感想聞かせてください。

 うどんがこの細さなのは、お薦めの「うどんカルボナーラ」時のよく絡む様にし
 た為でしょうかか?
 清算時、厨房奥を見ましたが、釜からしっかり蒸気出てました。
 お勧めは「うどんカルボナーラ」でなく「かけうどん」で勝負してほしいな。。
 店主のこれからに期待しましょう。。

 店出ると入口には「手打ちさぬきうどん」の幟が、、
 このお店「讃岐うどん」の店じゃったんじゃーーーっ!!!(爆)

 「手打ちうどん 樋(とよ)」
 広島市西区草津新町2-29-38  082-278-0952
 〔営〕11:00~14:30  〔休〕無休  〔P〕ナシ 
 「かけうどん 350円」「鶏天ぶっかけ」650円
 「お昼のサービス定食」650円