とく一

住所:中区光南1-13-12 中村ビル1F TEL082-541-1091
 営業:平日11:00〜  毎週火曜日休み

 いやー、「とく一」のうどんはうまい。
 100m道路、平和公園から南へ、二号線を越えて、右手にイズミの看板が見えた
 ら、そこの交差点を左折して100mぐらい進んだ左手にお店があります。

 「恐るべきさぬきうどん」が文庫本「麺地創造の巻」「麺地巡礼の巻」として
 発売されました。さぬきうどんファンでなくても一度は読んでほしい本です。
 さて、今日紹介する「とく一」はいまでは超有名店となった「山越」「田村」
 で修行をして広島へ戻って来られた方が営むお店です。とても若いご主人です。
 お店に入って左手に有る「山越」さんからの寄せ書きがそのことを語っています。

 讃岐で「山越」と言えば釜玉うどん、「釜玉」といえば山越と言われるぐらい
 「釜玉」が有名です。その釜玉がここ「とく一」でも食べれるのです。
 打ちたて、ゆでたてのうどんに玉子が絶妙にからみ、そこに出汁醤油をかけて
 食べます。のど越しのプルプルはたまりません。また、冷たいうどんもお勧め
 で弾力感とあのコシは食べてみる価値大ありです。

 お店はテーブル席がふたつとカウンターで、10数名入るといっぱいですが、
 実際はオープンしてまもないこともあってやや手際が悪いことと、ゆでたてを
 食べて頂こうとする主人の姿勢で6、7名入るといっぱいと言う感じがする。
 まだ、客の入りとゆでるタイミングがマッチしていないのが残念です。

 広島のうどんを語る上でここ「とく一」はとても評価したいお店です。「山越」
 と比較するのではなく、広島に合ううどんにしていこうとする姿が伝わってき
 ます。釜玉にしても、「山越」の味を出すことは無理が有ります。比較すれば
 単なる批判にしかなりません。それより広島に根付く「とく一」の釜玉にして
 いってほしいと思います。