ほら吹き神事(芦品郡新市町)

 節分の夜、「一休さん」と呼び親しまれる備後一宮の吉備津神社で開かれる節分
 祭。鎌倉時代以前から行われていて、身分制度の厳しい時代に、民衆が皮肉を込
 めてホラ(ウソ)を吹いてうっぷんを晴らしていたらしい。
 参加する人は一年間いろいろ新聞を呼んだりしていろいろ考えるそうである。
 一度参加してみたいものだ、今年の節分はどんなほらだ飛び交ったのだろう。