アントニオ猪木酒場 『居酒屋』

 広島県広島市中区新天地2-10
 中央通り宝塚会館7階、映画館があるビルが目印
 TEL:082-249-9305 営業時間17:00〜05:00 定休日:無

http://www.g-com.jp/inokifoodsbusiness/index.html

●キャベツと胡瓜の最強タッグ 330円 にんにくが入った味噌付き
●サブミッションチキン 390円 鶏なんこつ唐揚げ
●コブラツイスト 480円 30センチのソーセージ。ケチャップ・ハサミ付
●小さい四角いジャングルピザ 380円
●チキン野郎のタタキ 480円 国産ハーブ鶏のタタキ。ワサビ付
●ドリンク ビールはすべてアサヒビール。琥珀の時間という生ビールがあり、
 大ジョッキは980円とやや値は張りますが、おすすめのビール。
 他にもがぶ飲みワインがジョッキであったり、カクテルも焼酎も色々。

 2008年11月にオープンしたお店。全国展開している模様。
 店内は広く、ビアガーデンのような開放的なイメージ。
 スタッフがお客さん入場のアナウンスをし、ゴングを鳴らします。
 中央にリングに似せたお酒を作るカウンターがあり、プロジェクタやテレビで
 かつての猪木の試合を観ることができます。

 ハンバーグやピザ、パスタ等の洋風メニューが多いので、女性や若者には選ぶ
 のに苦労しそうです。中でも人気No1の「1,2,3サラダー780円」を注文するときは、
 かなりの覚悟が必要。
 違うテーブルのお客さんも巻き込まれるので、早めに酔っておかないと
 恥ずかしい思いをします。

 3,000円の飲み放題コースもありますが、値段も安いので、あまり飲まなければ
 一人3,000円以内で収まるでしょう。
 雰囲気料理共に若者向けですが、プロレスをゴールデンタイムで観ていた
 30〜40代も楽しめそうです。
 ノリが良い人にしかお薦めできませんが、一緒に行った人の意外な一面を発見で
 きるかもしれません。