シャンパンのお話

 フードコーディネーターユニットのイーファムです。

 こんにちは!e-femmeのsatoです。

 6月と言えば梅雨!通勤は大変だし女性はヘアスタイルがまとまらず大変な時期、
 考えるだけで憂鬱になる方も多いのではないでしょうか?そして梅雨が終われば
 暑い夏がやってきます。そこで今回はうっとおしい梅雨や暑い夏を乗り切るため
 にちょっと奮発しましょう!ビールも捨てがたいけれど、たまには"しゅわっ"と
 「シャンパン」はいかがでしょうか?

 「シャンパン」と言えばドンペリが有名で高級というイメージが強いですよね。
 確かにお高いものもあります。レストランでボトルで注文なんてしようものなら、、
 いくら支払わなければいけなくなるのか冷や汗もので支払いを済ませるまで落ち
 着かないってことに陥りかねないですよね。そんなお高いイメージのあるシャン
 パンも最近では気楽にグラスでいただけるお店が増えているようです。東京の全
 日空ホテルにはシャンパンバーまであるほどでランチやデザートと一緒に色々な
 種類が楽しめるようです。

 さてこのシャンパン、ただただお高い!!わけではありません。それにはちゃん
 とした理由があることはワイン通の方ならすでにご存知だと思いますが、知らな
 い方のために少しだけ私の少ない知識ながらご説明させていただきましょう。そ
 もそもシャンパンと名乗れるものはフランスのシャンパーニュ地方で作られる発
 泡ワインに限ります。ですからフランスでもその他の地方で作られるものは"ヴァ
 ンムスー"と呼ばれるし、イタリアでは"スプマンテ"、スペインでは"カバ"、ア
 メリカでは"スパークリングワイン"などと呼ばれています。私は数年前まで発泡
 性のワインは全てシャンパンだと思っておりました。(きっと他にもこういう方
 は多いはずです)そして、シャンパンの醸造の仕方ですがこれには多くの厳しい
 規定があります。

 使われる葡萄は「ピノ・ノワール」「ピノ・ムニエ」「シャルドネ」の3種のみ。
 収穫は必ず手摘みで行われます。果肉の部分だけを丁寧に圧搾し(搾汁量も決め
 られている)葡萄品種ごと別々にワイン(原酒)を作ります。その後この3種を
 調合しビン詰めを行い瓶内2次発酵に入ります。この中で酵母が糖を分解してア
 ルコールと炭酸ガスを作り出すのです。この2次発酵にも決まりがあって最低で
 も15ヶ月とされています。
 長いものは5年間以上のものがありこの熟成期間の長さは香りの豊かさや味の厚
 みにつながるためとても大切になります。酵母はやがて澱(おり)となり沈殿し
 てくるためボトルを逆さまにし5〜6週間かけてボトルの口の部分に集めます。
 この瓶口のみを−20℃の塩化カルシウム水溶液につけて、溜まった澱を凍らせ
 ます。そうすると栓を外したとたん澱のみが飛び出します。そのあと微妙な調整
 を行いコルクを打ち針金で固定を行いシャンパンは出来あがるのです。(簡単に
 説明しましたが、本来はもっと細かな規定や工程が含まれています。)

 どうです?自然に作り出され、グラスに注いだ瞬間に立ちのぼる泡や豊かな香り、
 そして口に含んだ瞬間に感じる酵母が作り出した深い味わいは心まで豊かに満た
 してくれること間違いなしです。憂鬱な時はそれを払いのけるために、がんばっ
 た時のご褒美に、嬉しい事があった日にはお祝いに、、と軽快に栓を抜いてみて
 はいかがでしょうか?梅雨や暑い夏を乗り切るためにもね。たまには自宅で家族
 や友人と、時にはレストランやバーで優雅な気持ちにひたるのも素敵な大人の楽
 しみ方ではないでしょうか?ワインショップにも最近ではグラス2杯ほどの小さ
 なボトルからハーフ、フルボトルまでサイズが豊富です。
 どんな料理にも合うのも嬉しいところです。
 Satoお薦めのワインショップは
 そごう地下1階の「フィネス」「エスポアふじた」
 レストラン「和飲家ビストロイベントス」「I'opera」ではグラスシャン
 パンがいただけます。

 〜ワインショップ〜

「フィネス」

 広島そごう地下1階ワインの種類はもちろんチーズや生ハム、ドライフルーツの
 種類も豊富です。何を買ったらいいのかわからない、、今日のメニューに合うワ
 インが欲しいんだけどという相談にも気軽に対応してくれる頼もしいスタッフが
 迎えてくれますよ。

「エスポアふじた」

 中区十日市町1-3-20 Tel:082-231-1914
 現地買いつけワインなど珍しいものが豊富です。直感で選んでみるのも楽しい
 場所です。

 〜レストラン〜

「和飲家ビストロイベントス」

 http://www.eventos.co.jp/
 ワインレストランの先駆けといえばここ!というくらいおなじみのお店でしょ
 う。カウンターで飲めばワイン好きな仲間が増える楽しい場所です。
 常時数のシャンパンが楽しめるそうです。

「I'opera」

 ゆったりと時間が流れて行く感のある落ち着いた雰囲気のお店です。
 シャンパンはモエ・エ・シャンドンの白とロゼのみです。