ピットインエトワール

  安芸高田市吉田町上入江1949 TEL:0826-43-1154 10:00-19:30 木休 P有
  
  ビーフカレー630円、中辛ビーフカレー900円、特選ビーフカレー1,260円、
  かつカレー750円、中辛かつカレー1,100円、特選かつカレー1,575円、
  特選ステーキ入りカレー3,150円、ミニ特選ビーフカレー850円、
  大正時代のカレー650円、チゲ風カレー700円、ホルモンカレー1,000円、
  中辛焼カレー850円、特選焼カレー1,000円、かつ丼定食700円、
  焼肉定食980円、手造りハンバーグ定食900円、とんかつ定食700円、
  手造りメンチかつ定食700円、ジャンボエビフライランチ1,600円

 国道54号線沿い、広島市からだと千代田別れを過ぎてちょっと行ったら左手に
 ある。外観は2昔前の幹線道路沿いの喫茶店で、店内もやや雑然とした感がある。

 しかし、この店の特選カレーライスは素晴らしく旨いのだ。メニューは豊富で、
 カレー専門店という訳ではないが、料理のほぼ半分がカレー関係。しかも、通常
 のカレー、中辛カレー、特選(辛口)カレーと三種のソースがある。
 
 僕は事前にボリュームがあると情報を得ていたので、特選かつカレーを頼み、
 連れはミニ特選ビーフカレーをお願いした。最初に僕の特選かつカレーが運ばれ
 てきたが、初めて見ると誰でもちょっと驚くのではないか。大きな皿の半分に白
 ご飯が盛られ、残りのスペースにカレーソースがたっぷりと流してある。
 さらに、ご飯の上には厚さ1.5cmほどもある立派なとんかつがずっしりとのってい
 るのだ。ご飯の量は一合よりも少し多いくらいかな?これは凄いなと思いつつ、
 匙で一口食べてさらに驚いた。とても旨いのだ。甘さはほとんど感じられず、
 ほろ苦さと唐辛子に頼らないスパイシーさがあり、上等なスープのようなコクが
 ある。
 ベースは牛肉のようで、煮とけた繊維がソースに混じっているが、塊は全くない。
 小麦粉等のとろみは一切使っていないのではないだろうか。さらりとしてシャープ
 な、正にキレとコクが同居した素晴らしいカレーソースだった。
 
 また、ご飯が硬めに炊いてあるのが良い。口に入れたときはカレーの味が支配的
 だが、飯粒を咀嚼していると米の甘味が出てくる。それを繰り返していると、ど
 んどん料理がなくなるという寸法だ。
 
 とんかつはややしっかり目に揚げてあるのだが、かつカレーにはそのほうが合う
 と感じた。衣のカリカリ感が持続するし、ぎゅっと肉を噛み締めるのがまた良い。
 部位はロースかな。肉の味もなかなかのものだった。このかつカレーならば、
 1,575円が高いと感じない。僕は一気呵成にバクバクと食べてしまったが、実は
 少々しくじってしまった。ご飯とソースの量がどちらも多いので、つい、両者の
 配分を間違えてしまい、気付いたときにはご飯に比してソースが少なくなってい
 たのだ。最初、ソースが旨いのでついついジャブジャブ状態で食べてしまったの
 が悪かった。最後は適正な比率を模索したが、それでもご飯が少し残ってしまった。
 痛恨である。次回はきっちり同時に食べ終わるようにしたい。
 
 連れが頼んだビーフカレーは、ミニと名付けてあるだけあり、僕の特選かつカレー
 よりは量が少なめ。しかし、通常のカレーライスの量はあるので、少食な人はミニ
 を選んだほうが無難と思う。また、ミニを選ぶとサラダが付いてくるという特典が
 ある。コールスローに人参のドレッシングとマカロニサラダだったが、どちらも手
 作りらしく普通に旨かった。
 
 なお、ちょっと困ったのは特選かつカレーには匙しか用意されないこと。とんかつ
 を食べるのに、匙一本では食べ難いのだ。連れは野菜サラダ用に箸が用意されてい
 たので、僕はその箸を借りてとんかつを食べた。
 
 また、サービスがクールというか、ちょっと素っ気ない印象。無闇に愛想を振り撒
 く必要はないけれど、もう少し温かみが感じられるとより良くなると感じた。
 メニューはかなりたくさんあり、売切れもあるので留意のこと。売切れの品には上
 から小さな紙が張ってあるので判る。売切れというのは、冷凍食品などを使わない
 からこそ発生するものなので、むしろ客としては喜ぶべきだろう。
 実質的にはカレーがメインのようなのでカレー・インド料理にカテゴライズしたが、
 メニュー構成だけを見ると洋食店というのが正しいのかもしれない。
 フライ系の定食も充実しているのだ。幹線道路沿いだし、何度も足を運んでみたい
 と思わせる店と感じた。 (06.09)