王城恋太の「広島うどん屋探訪」-17-

 ―今、フードコートがおもしろい!−  「水戸家」「古式うどん・温や」

皆さん、王城恋太です。
いよいよ押し迫ってきましたね。今年はどんな年でしたか?
広島のうどん界は、「さぬきうどんブーム」も峠を越してあの「はなまるうどん」2
店閉店してしまいました。幟町公園前の店も閉店しましたし、しかし新しい店もたく
さん出来ました。そろそろ淘汰の時代がきたのかなあ??
帝都(うどん帝国の都)でも、閉店と開店が相次いだそうです。
さあそんな今年最後の「うどん屋探訪」ですが「フードコート」取り上げて見まし
た。
昨年・今年と大型スーパーが相次いで開店・改装しましたね。その中に必ずあるのが
「フードコート」です。
東から「ダイヤモンド・シティー・ソレイユ」「ジャスコ宇品店」「フジグラン緑井
店」「アルパーク東棟」等々。この中で恋太が注目したのが「ダイヤモンドシティー
・ソレイユの『水戸家』」「アルパーク東棟の『温や』」です。
まずは「水戸家」。水戸家は東区役所の裏に店を構えて営業していますが、ダイヤモ
ンドシティー・ソレイユのOPENにあわせて2店目を開けました。ガラス張りの店
の奥に釜(茹機)を据えて茹で立てを提供しています。
ここの特徴は「ぶっかけ」をメインにしている事でしょう。メニューの「坦々ぶっか
け」「辛辛ぶっかけ」は有名です。
この冬からは新メニューも登場しました。(行って見てくださいね(笑))。
ここの麺は「しなやか系」で噛むと中心でグッと押し返すいいコシがあります。綺麗
な白い麺であの坦々ぶっかけと美しいコントラストが楽しめます(かき混ぜる前よ!
(笑))。それとここの麺は自家製麺です、本店でまとめて作っています。本店は早
朝から電気が点いてますよ。(大将がんばってます。。)
フードコートの中では一番大きい席数とスペースがありますので(駐車場もでかい
!)、近くに行ったらぜひどーぞ!。
アルパーク東棟がリニューアルOPENしました。昔、広電のスーパーがあったとこ
ろに11月20日にフードコートが登場!あの「大八たこ焼き」も入ってきました

(横丁にもある)。その中に出来たのが「古式うどん・温や」です。

「昔から香川で作られていたうどんをそのまま再現した!」みたいな事がパンフレッ
トに書かれていました。
では行きますよっ!店の前にはガラスで囲まれたデッカイ羽釜がドーンと据えられて
います。ここで、どんどんうどんが茹でられています。いっぺんに30食分は入りそ
うです。
まずはお盆取って先にトッピング選びます、天ぷらも奥で揚げていて野菜系は充実し
ています。恋太は「ちくわの磯部揚げ」を選びました。うどんは釜場の横から注文し
ます(聞いてくれます)。
まずは冷たいうどん「ぶっかけ冷」から試して見ました。出てきたうどんは「ちょっ
と太め」大根おろし・ネギ・刻み海苔が乗っています。シンプルなぶっかけです。ま
ずは一本、おおっ「ずっしり、表面モチッと」って感じかな??噛むとかなりの反発
があります(固コシ系に近い方でしょう)。
麺は店右奥に製麺機が据えてありそこで製麺しています。日に何回か作るみたい(麺
線にする)で、暇な方眺めて見るのも面白いかも??
出汁はちょっと甘味が前に出てますね、しかし合格です(笑)薬味のショウガをプラ
スするとちょうどいい感じになりました。おっと薬味は清算した後の左手の小さな壷
に入ってますので、「ショウガ」等はこの時入れてね!!。
恋太は初日に行きましたが、麺の感じは好きな部類に入りますねぇ。。それと釜玉も
出来ます、釜場担当の男性が釜から直接抜いてくれますが、ちょっと待つ時があるみ
たいです(当たり前か!)。
友人が別の日に行って「それほどでもなかった!」って事でしたので、再度行ってみ
ました。今回も冷系の「ざるうどん」前回よりもコシが無くなって「もっちり」が強
くなっていました。釜玉を抜く為、麺の茹で時間が長かったんでしょうか??(釜玉
がちょっとブームなんで注文が多い?)
「釜玉」を出す店の宿命と言うか課題なんですが、ついつい茹で時間が延びてしま
う。。ここは気をつけて欲しいものです。
基本を「水で締めるうどん」において、しっかりとしたコシのあるうどん作ってくれ
るといいお店になると思います。
この2店、釜場にその店の責任者がドーンと構えて、真面目にうどん作ってますので
まだまだ発展・進化しそうです。これからも「ガンバって、美味しいうどん」食べさ
せてくれる事を希望します。
ではみなさん、よいお年をお迎え下さい!!