岩国へ移転 その後広島市内に別の店をオープンしてます。
好きだったみせなので載せます。

南フランスの家庭料理「プレノアール」

 本通のアンデルセンをダイエー方面へ。アンデルセンの東側出口の向かい側の
 ビルの二階にあります。
 店内に入ると緑のカウンターと厨房が目に入る。とても明るく清潔な感じでご
 く普通の洋食屋って感じでした。しかし、この店は高いレベルのサービスを心
 がけているなって感じました。まずは、座る場所のリクエストやイスに座るま
 での心地よさ。メニューから注文まで文句なし。
 前菜、メイン、デザートをメニューから一品チョイス、最後にコーヒーか紅茶
 かを訪ねられる。前菜に「鶏レバーのトマト煮込み」メインに「プレノアール
 のカツレツフレッシュトマトソース」デザートに「バニラアイスのエスプレッ
 ソかけ」を選択、そして今日は気分を変えて紅茶を注文した。
 「鶏レバーのトマト煮込み」はとても不思議な味で、レバーもこのように料理
 されるとうれしいのではないでしょうか。レバー臭さがなくかといって、レバ
 ーのもつ独特な歯ごたえが残り 美味しい。「プレノアールのカツレツフレッ
 シュトマトソース」はトマト、トマトと続きちょっと失敗したと思いましたが、
 ここのお店の売りは、鶏(プレノアール)でフランス生まれの黒鶏です。フラ
 ンスから輸入したプレノアールの卵を日本(三原)でかえし、90日間という長
 い時間をかけて飼育しまものとのことです。広島ではここだけでした食べられ
 ないとのこと。ここで食べない訳にはいきません。薄目のカツは見るからにボ
 リューム満点、あっさり柔らかい肉でした。ソースとのバランスと言うか相性
 を考えると肉にジューシーさがあった方がお互いが引き立つような気がした。
 付け合わせにオクラが出て来たのは初めてでアクセントになっていて気に入り
 ました。パンは少しトーストしてくれると私としてはうれしいかな。
 料理を出すタイミングがとても良く気配りが感じられる。ただ、食器の座りが
 すこし悪く、このあたりにも注意を払ってほしい。
 もう一つは、前菜に「プレノアールの燻製サラダ」燻製の香りが強く、お肉は
 あっさりしたサラダに合う肉でした。メインに「スズキのソテーニンニクオイ
 ルソース」は身がふっくらして香草のほのかな香りでジューシーでした。ニン
 ニクのにおいが気になる人は避けた方がいいかな。デザートに「パリジェンヌ
 (シュー生地)のアイスクリーム詰め」わー!美味しそう。が第一印象、印象ど
 おりで欲が出て他のデザートはどうなのか気になります。デザートは9種類あ
 った次が楽しみです。
 最後は、エレベータまでお見送りをしてくれ、本当に高いレベルのサービスが
 随所に感じられる店でした。

 ランチミニコース  1,500円 (前菜、メイン、パン、デザート、コーヒー)税込