安国寺恵瓊ゆかりの寺 不動院

 不動院の歴史を知る上で、貴重な記録である江戸時代の新山雑記では、当時の
 開基は僧空窓であると伝えられていますが創建時代や由緒については判然とし
 ていません。只、金堂内に安置されている本尊薬師如来像が定朝様式であこと
 から、当寺は平安時代には創建されていたと推察されてします。
 不動院の前身は14世紀中頃、足利尊氏・直義兄弟が国ごとに連立した安国寺で
 あるといわる。16世紀中頃、武田氏の滅亡後寺運は一時傾いたがその後、毛利
 輝元の使僧を務めた恵瓊(えけい)が住職となってから、堂塔は再建整備され
 寺勢は盛んとなった。国宝の金堂は唐様建築ではわが国最大級の金堂である。
 他にも、長い歴史を物語る多くの文化財が所在している。
 原爆投下で多くの文化財を失った広島にとって貴重な存在となっています。