不動院と広島市水道資料館

 不動院へ行こうと思いついたのですが、アストラムラインを一つ手前の牛田駅
 で下車して「広島市水道資料館」へ寄りました。ビックウェープ側に降りて、
 テニスコート方面へ行き、テニスコートとエスキーテニスコートの間を通って
 突き当たり近くにレンガ造りのポンプ室が見て来ます。そこを右に曲がったと
 ころに資料館はあります。外には、取水ポンプと送水ポンプなどが展示して有
 りよく見るとこの送水ポンプは49年間も動いていたそうです。取水ポンプはな
 んと大正13年から○年も動いていたそうです。
 ○は今回の問題です。さて何年動いていたでしょうか。
 回答は広島ガイドの感想と一緒にmag@hiroshimaguide.comまでお願いします。
 続きです。資料館は無料で本館と別館になっていて、入り口には伊藤博文が
 書いたし言う「深仁厚澤」(しんじんこうたく)の石碑と母なる川、太田川の
 恩恵を思い書いた「夜書舎不」(ちゅうやをおかず)があります。
 中は、太田川の恵みや水道事業の歴史が展示されています。ここでもう一つ
 クイズです。鮎は英語で別名Sweet( )と言われています。さて何でしょう。
 資料館を出て、アストラムライン沿いに不動院まで歩いて行きました。
 
 不動院駅からはすぐで、山側に降りて100mほどです。
 原爆投下で焼け野原となった広島で数少ない貴重の文化財がここにあります。
 赤い灯籠が並ぶ参道の前に大きな木造仁王像のある楼門(国重要文化財)を
 くぐると、唐様建築の金堂は広島市内唯一の国宝です。私は偶然にも、楼門
 に上に登ることができました。細く急な階段を登ると真っ暗でなにも見えず
 ちょっと怖かったですが、係りの人が戸を開けてくれると何体かの如来像が
 あり、外にでると不動院全体が見渡せて紅葉がとてもきれいでした。
 金堂の右に鐘楼、奥に不動堂があり秋の散歩にはもってこいの空間でした。

 □不動院
  広島市東区牛田新町3-4-9 TEL082-221-6923

 □広島市水道資料館 【無料】
  広島市東区牛田新町1-8-1 TEL082-223-1950 AM09:00〜PM05:00
  開館日 日、水、金、祝