乃きや(のきや)

 広島市南区的場町1-7-24 11:00-22:00(日祝-20:00)(一日150食限定) 無休

 ざるうどん500円、天ざるうどん790円、冷冷うどん350円、釜揚げ500円、
 釜揚げ天ぷら790円、かけうどん350円、天ぷらうどん610円、ぶっかけ500円、
 イカ天ぶっかけ690円、おろしスペシャル890円、釜玉550円、土佐醤油うどん500円、
 かやくご飯170円、白おにぎり110円、天ぷら盛り680円、天ぷら小盛350円

 的場町の電停前にある店だ。オープンして間がない店だが、旨いとの噂が聞こえて
 きたので訪れた。僕が頼んだのは、冷たい天ぷらぶっかけうどん。茹で立てのうど
 んを水で締め、丼の底へ濃い目のツユを入れ、上に揚げ立ての天ぷらをのせた料理だ。

 薬味として、生姜、スダチ、白胡麻、青ネギが添えてある。うどんは、エッジがが
 ちがちに立っている剛麺ではないが、滑らかさが強く、ゴム系の伸びと押し戻しが
 ある。ずるずると食べられそうだが、噛み切ろうとすると、なかなか容易ではなか
 ったりする。実は麺線がやや長いので、2〜3本まとめて食べようとすると、口腔が
 あふれてしまい、必ず噛み切りたくなる。
 できれば1本ずつ食べることを僕は勧めるな。このタイプの麺ならば、もう少し、
 小麦の香る感じがほしいとも感じるが、触感ばかりで水っぽい麺でもないので、
 贅沢な望みかもしれない。
 
 ツユは濃い目だからか、量は少なめで、僕にはやや甘い。しかしながら、基本は
 醤油のコクが効いていて旨いと感じた。そして嬉しいのは、天ぷらが熱々で、衣が
 パリッと音を立てるほどしっかりしていることだ。麺のつるつる感と天ぷらのクリ
 スピーのコントラストが良い。種は海老、カボチャ、獅子唐、大葉。
 野菜はパリパリで、海老は芯がぷりっと半生で、下手な日本料理店の天ぷらよりも
 旨いと感じた。メニューには天ぷらの盛り合わせも書いてあったので、天ぷらや
 おでんを食べつつ、一杯飲み、〆にうどんを食べるのも良いだろう。
 
 うどんの量は、それほど多いわけではないので、男性ならば 大盛

http://hamanet.jp/kaishoku/detail.aspx?txtKshopcd=1132>にするか、むすびなど
 を追加すると良いと思う。僕はいなり寿司を食べたが、甘辛くてシンプルに旨かっ
 た。
 
 まだ開店早々なので、サービスが抜群に良いとまでは感じなかったが、不愉快な
 印象は全くなかった。料理人の手際はとても良いので、それが何よりのサービスだ
 とも言えるだろう。道路に向かってガラスがはめてあり、店内は明るく、新店とい
 うせいもあるが、清潔感がある。今度は温かいうどん、特に釜玉辺りを食べてみた
 いと思わせる店だった。(03.11)