休山せんべい

(松田屋 呉市本町22−8 TEL0823−21−3223)

 亀山神社のスグ近く、和庄小学校下バス停から少し下ったところにお店があり
 ます。外観はおせんべい屋さんというよりは、どちらかって言うとケ−キ屋さ
 んって感じですかね。
 この休山せんべい、瓦型をした昔ながらの素朴な味のおせんべいで、お醤油や
 お砂糖で味付けしてあるものと違って、食べると口の中にほんのりとした甘味
 を感じる事が出来ます。私にとってこのおせんべいは、秋祭りとは切っても切
 れないものなんです。呉の市内にある小さな神社の多くは11月3日に秋祭りを
 行います。私の地元の八咫烏神社もそうです。この八咫烏神社では昔からよご
 ろ(宵宮 2日)の日のお昼間に、ヤブ(鬼)が寄付(現在5000円以上)をし
 てくれた家に、半紙で包んだ休山せんべいと黄モスのたすきを持って挨拶に廻
 るんですよ。昔は何でこんなもの?と思ってたんですね。もっと他に美味しい
 ものがあるんじゃないかなって。でもある程度年を重ねて来た今、この素朴な
 美味しさが何とも言えず良かったりするんです。
 なんとなくほのぼのとした感じで、癒し系とでも言いましょうか。
 熱い日本茶をすすりながら食べると又格別です。
 八咫烏神社の印のおしてある半紙に包まれた休山せんべいを見ると秋祭りなん
 だなと思います。そしてもう冬が来るんだなって。

 定休日は祝祭日を除く月曜日。
 休山煎餅は 4枚1組10個入り 700円也 です。