連載第2回 広島E級ぐるめ「兄弟ラーメン」

  広島E級ぐるめのモンガーです。いや〜このところ暑い日が続きますね。
  こう暑いと、さすがにさっぱりしたものが食べたくなって、ソーメンや冷麺
 といったメニューについ目がいってしまいますが、私は相変わらずラーメンで
 す。暑い夏もラーメンを食べて乗り切りましょう(笑)。
  7月22日に本通りの裏筋に全国的にも有名な山頭火がオープンしました。
 中国地方では初の出店になるので、私も早速行ってきました。このお店は旭川
 ラーメンを名乗っているのですが、真っ白く乳化したトンコツスープはむしろ
 九州系のラーメンを感じさせます。さすがにかっては東京で大評判をとっただ
 けのことはあってクオリティはかなり高いと感じました。特にとろとろのチャ
 ーシューは旨いですね。ラーメン750円と値段的には高めですが、広島のラー
 メンファンにどのような評価をうけるか注目です。
  ところで、山頭火のようなFC店は兄弟店、姉妹店と呼ばれますが、今回は
 本当のご兄弟が開いているラーメン店について。しかもこの両店は全く違うタ
 イプのラーメンを提供して、各々とても繁盛しているのです。

 **海と大地。
  広島市西区大芝1-14-6 TEL:082-237-1914
  営業時間 11:30-14:00(スープなくなり次第終了) 木休
  メニュー 海ラーメン550円、大地ラーメン600円、潮の香ラーメン600円 他

  1997.2オープン。2店の中では先輩格の店ですが、実はこちらが弟さんが
 やっておられる店です。以前は「げんこつ」という名前でしたが、2003.6に
 現在の店名に改名しました。げんこつ時代から昼間数時間だけの営業中には常時
 客足が途絶えることがなく、根強いファンがたくさんいることが分かります。
 ご主人はとても研究熱心で、ラーメンの改良、メニューの入替えも頻繁に行なわ
 れています。現在、この店のスープはトンコツ野菜スープ、鶏系黄金スープ、
 まぐろ和風スープを混ぜたトリプルスープなのだそうです(ダブルを超えたトリ
 プルとは!)。スープ自身は脂分が少なくスッキリとしているのに旨味は十分、
 それがこの店のラーメンの特徴ですが、これからも絶え間ない研究・改良で更に
 味が変わっていくのだと思います。今、広島で目の離せない店のひとつですね。

 **ふじ☆もと
  広島市西区新庄町5-7 TEL:082-537-0248
  営業時間(火-金)11:00-15:00(土日)11:00-15:00 18:00-21:00 月休
  メニュー らーめん(醤油、塩)500円、サンマ、ホタテ、エビだしラーメン 600円
       もりそば 600円 他  注.会員カード提示で50円引き。
  HP   http://ww4.enjoy.ne.jp/~fujikanban/ra-men/

  2003.4オープン。後輩店ですがこちらのほうがお兄さんの店です。
  この店の特徴は大胆な味作り。ベースのスープはしび(まぐろ)だしですが、
 それ以外にホタテだし、エビだし、サンマだしのラーメンがある。例えばサンマ
 だしラーメンは基本のスープにサンマだしスープをあわせた上、更にさんま節の
 粉が投入してあり食べるとさんま節の野趣あふれる風味がわっ〜と押し寄せてき
 ます。う〜んこれは旨い。エビだしラーメンにはえびを殻ごと粉末にしたものが
 入っています。何と乱暴な!とてもインパクトのある味作り、参ました。
 これからも何かやってくれそうな予感がして、こちらも目が離せない1店です。

  この両店、広島の中でも特にユニークな特徴のある店ですね。ラーメンを食べ
 比べても、つながりがあるとはとても思えない。共通点というとベースにマグロ
 だしのスープを使っていることですが、これもその他のスープとのブレンドで
 出来上がりは全く別の味になっているので、知らない人が食べたら、兄弟だとは
 ちょっと気がつかないでしょうね。
  あっ、でもひとつだけヒントがあるのですよ。それはお店のネーミングなので
 すが。「海と大地。」「ふじ☆もと」・・気がつきにくいところにちょっとした
 遊びがあって、このあたりの感性はやはり血のつながりを感じますね(笑)。
  これからもご兄弟で益々特徴あるラーメンを出していってもらいたいものです。

               2004.7.24 By モンガー@広島E級ぐるめ