王城恋太の「広島うどん屋探訪」-42-

「劇場型うどん店」 −丸亀製麺ー

 2009年最初の「広島うどん屋探訪」ですが、どこを書こうか悩んでました。
 今回は特別(先月の「迷ってみましょう」も特別編)にうどん屋探訪じゃなくて
 「都道府県対抗男子駅伝 香川県テントうどん」を書こうかなあ〜と。。。

 まったくご存知のない方のためにちょっとだけ書くと。。。
 昨年10月末の「乃きや」の店主から急遽電話がかかってきて「今度、香川県人
 会の人たちに「手打ちうどん教室」をするんだけど手伝ってくれない?」と依頼
 があり、乃きやさんの為ならと引き受けました。
 その手打ちうどん教室の後、「都道府県対抗男子駅伝 香川県テントうどん」の
 話が出て「会長さんからもぜひ手伝ってください!」と。。乗りかかった船や!
 とこちらも手伝うことに。
 数度の打ち合わせを重ねメニューは「釜かけうどん+ちく天」「釜玉」を選ん
 だ。そして当日、深夜から「乃きや」でうどん塊から麺線作りを500食、コレ
 を手作業で。奥では「乃きや」従業員さんが徹夜で出汁作り、早朝からは「ちく
 天」600個です(笑)。
 8時には現地入りでセッティング、9時30分開店で怒涛の「現地釜茹で」「釜
 ヌキ」実施。行列は最大100人!!もう全員フルパワー(釜茹もフルパワー)で
 対応。しかも熱い!!
 お昼からは他県テントが完売続出、その反動でさらに行列が伸びる始末(笑)。
 (うへーーっ)
 午後2時に会長の「もうこの辺で完売閉店にしましょう」の声で閉店となりまし
 た。出したうどんは800食!!皆さんよく頑張りました!!!!!!

 おっーーと、ここからが本題です(笑)。
 最近、チェーン店のうどん屋さんが店舗拡大してますねぇ。「郷や」「釜八」
 「丸亀製麺」などなど。。特に「丸亀製麺」の出店数はちょっと飛びぬけてま
 す。しかも目立つ国道沿いにドーンと。
 こりゃ、行っとかなイカンでしょうという事で今回は「釜揚げうどん 丸亀製
 麺」可部店です。

 この「丸亀製麺」の出店をしてるのは「(株)トリドール」という会社で全国に拡
 大中です。一番最初にこのうどん屋さんに行ったのは3年くらい前、品川イン
 ターシティーの中にある「丸亀製麺」。お昼に行ったんですが、店入口からなん
 と50人は並んでました。
 まあこの辺は昼食難民が出る所ですから、このくらい並ぶのは当たり前。
 最初の感想は「頑張ってるけどこんなもんかい!なあ〜」くらいでした。

 近年広島にも出店してきて宮島口の西に出来た時には、ちょっとびっくりしまし
 た。あの場所(観光地)に、でっかい駐車場どーんと構えて開店!お客さんも行列
 してる。しかも石内バイパス店も出来た、可部店も出来た。恐ろしい増殖力です
 (笑)。現在広島県には7店出店中です。

 2月1日午後1時、国道54号にはすでに駐車場に入る車で並んでます(ここから
 かいっ!)しばらく待って駐車場に留め(ほとんどの客、車です)店入口に、ここ
 でも行列。内部は店の左側に厨房があり、コレを奥にぐるっと回る込む様にお客
 が並びます。
 まず入って目に付くのがデカイ釜場です、この釜は一度に80食は茹でられる?
 又、製麺機で伸ばしては麺線機でカット、すぐ釜に投入が次々行われて行きま
 す。なんか見てても面白いです。さあお盆取ってまずはうどんの注文です。

 さすが「釜揚げうどん」を売りにしてるだけあって「釜揚げメニュー」がよく出
 てます。恋太は「釜揚げうどん 大」をチョイス、奥さんには締めたメニューを
 選択させてと(笑)。。
 恋「釜揚げ1、5玉(大)をお願いします」
 店「釜揚げ大ですね、お時間2分ほどよろしいでしょうか?」
 恋「よろしいです」
 店員が釜揚げ用のたらいを釜場に並べます、横には「釜玉」用の丼も。。丼の中
 のピンクの目印はどうやら「釜玉たらこ」の目印と見ました。横に流れて、トッ
 ピングを選択。恋太は「ちく天」奥さんは「鶏天・海老&たまねぎのかき揚」
 うどん2種とトッピング3種で1040円。値段構成も安い方でしょう。
 清算して右側のカウンター席に着く頃には「釜揚げ 大の方〜!!」って呼ばれ
 ました。

 おうっそうだ!無料の薬味はどこや?取り忘れた「ネギ・天カス」を取りに行
 く。清算所を90度回った所にあったんですがね、店員言うてくれたらエエのに
 ね。先にカウンター席に着いてしもた。右側はカウンターばっかりの横一の席です。

 まずは「釜揚げ」の麺を1〜2本そのままで食べてみると。。
 「おおおっ、相当辛いですね。釜揚げの湯の塩分濃度高そうです」
 (茹ではこの辺が難しいんです)
 「しかも、ちょっと釜ヌキが早いんじゃないか?あと1分茹でたら?(笑)」
 つけ出汁は「普通に美味い!」です。麺はちょっと太めです、最近は太めが流
 行っている様です。量は讃岐の1人前と同じでちょっと少なめ。
 しかし、並が280円なんですから、安いですよね。

 奥さんが選んだ「とろろうどん(温)」もちょっと食べましたがこちらは丁度よい
 コシが出てます。一度締めて暖め直してBESTになってます。
 天ぷらは、その場で揚げているので「かき揚げ」なんかはサクサクで実に旨いで
 す。「海老&たまねぎのかき揚げ」は両方の甘さがよく出てなかなかの美味しさ
 です。「鶏天」も又美味しかった。(天ぷらだけかい?(笑))

 この「丸亀製麺」でかい駐車場があるから流行ってるんじゃないのです、この店
 の特徴は「劇場型厨房(見せる厨房)」にあると思います。並んで待ってる間厨
 房での作業が丸見えです。そこでお客さんは食欲中枢が刺激されて、「早く食べ
 たーい!」「出来立て食べたーい!」ってなる。これに美味さが加わると、並ん
 でも待ってでも食べたい!となる訳です。
 この見せるという効果、ラーメン界でもスーパーの惣菜売り場でもやってます。
 (讃岐ではずいぶん前から。。)これからこういうお店はもっと増えるのではない
 のかな。。

 この不景気の真っ最中に昼食の経費はかなり下がってると思います。恋太ん家で
 も最近は高いとこ行かないもん!!サラリーマンの昼食はワンコイン(500
 円)っていいますもんね。
 今回、恋太夫婦は一人単価520円ですが、このお店の客単価の設定はもう
 チョット高いと思います。「600円台」を狙っているのではないかな?
 この「見せる厨房」「出来立て天ぷら」「食欲中枢刺激」の効果によって、うど
 んだけじゃない「さらにもう一品」を取らせます。
 「釜揚げうどん 丸亀製麺」なかなかやるのーーーっ。。。。。

 「釜揚げうどん 丸亀製麺(可部店)」安佐北区可部南4丁目8-10  
 〔P〕40台 〔営〕11:00〜21:00    〔TEL〕082-812-0755
 「釜揚げうどん(並)」280円  「かけうどん(並)」280円  
 「釜玉うどん」340円  「トッピング(天ぷら等)」100円より