味仙

 福山市御門町2-8-22/0849-24-7699/18.00-1.00/月・第3,4火休/P有

 台湾坦子麺556円、ラーメン504円、糖醋肉塊735円、麻婆丼577円、
 三絲魚翅1,260円、鍋焼餃子367円

 台湾ラーメンの「味仙」というくらい台湾ラーメンが有名な店。この台湾
 ラーメンというのは、名古屋発祥で、岡山辺りにもたくさん出す店がある
 ようだが、この店の台湾坦仔麺は名古屋の流れを汲むものか?それとも正統、
 台湾小吃を流れを汲むものか?
 僕はかなり台湾よりのものだと思う。台湾坦仔麺のオリジナルは、四川省の
 坦坦麺。それが台湾で文化変容して、坦子麺になった。それが今度は日本へ
 渡ってこのようなスタイルをとったのだろう。日本人好みのスープ仕立てに
 してあるが、味の作りはかなり台湾のものに近いようだ(僕は台湾未訪だけ
 ど)。小さな丼に麺が多めに入っており、スープの上には油の膜が張っている。
 スープは濃い味のタレのような醤油スープだが、なかなか悪くない。この料理
 のポイントは上に張ってある油にあるようで、この油のコク、芳しい香り、
 甘味のある味がこの料理をぐんと旨くしている。台湾の紅葱頭(台湾特産の
 赤いエシャロット)を揚げて使っているのかな?麺は少し縮れてポツポツと
 固い麺。屋台風というか香港で食べる粥麺屋の麺のよう。具はモヤ シ、ネギ、
 肉ソボロ、唐辛子。辛さは大したことないけれど、唐辛子がそのまま入って
 いるので、それを齧ると当たり前だがかなり辛い。ここは酢豚か旨いとか、
 ニンニクの芽の炒め物が旨いとか聞いたが、それらはまだ食べたことがない
 ので、評価は保留させていただくとして、サービスはあまり良い感じを受け
 なかった。以前訪店したときもそうだったし、これは定評があるようなので、
 そのつもりで訪れよう。なおこの店があまりにも有名なので、台湾は辛い料理
 ばかりだと思い込んでいる人が意外に多い。僕はあまりに無神経かつ単純な
 感性だと思わざるを得ない。だって、天ぷらを食べた外国人に「日本料理は
 総じて油っぽい」って言われたら「はぁ?」と思うでしょ。そもそもこの店
 で台湾らしい料理は、この台湾坦仔麺だけだと思う。台湾の料理は素材の味
 を生かした、中国料理の中ではあっさりしたものの多い料理形態なのだ。
                              (00.01)
             ‥‥‥‥シャオヘイ拝‥‥‥‥

             ‥‥‥‥広島快食案内‥‥‥‥