味味亭(みみてい)

http://www.hirokoshi.co.jp/yoyaku/mimitei/

 ステーキ・鉄板焼きなど 広島市中区富士見町4-9
 TEL:082-247-1129 11:30-23:00(日祝-22.00) 無休
 ランチ(2,100〜5,250円)、ディナー(味味亭お勧めコース7,507円、9,817円)
 アラカルトもあり

 広島では古くからやっておられる老舗的な店だ。目の前で、鮮やかな手さばきで焼か
 れる魚介、野菜、肉を味わうことができる。
 
 中略

 再訪。設えなどはやはり高級感がある。建物の入口にレセプションがあったり、席に
 着くまでの待合室があったりする。僕は予約時間の少し前に店に入るのが好きなの
 で、今回も10分前に店に入ると、待合室に案内された。しかしそこは立派な灰皿が置
 かれ、盛大に燻蒸されていたので遠慮させていただき、客席で待たせてもらった。や
 はり、この手の店は、喫煙率が高いのかもしれない。
 
 今回の料理は、フリードリンク付きで12,500円。フレンチレストランで旨い料理と
 ワインを楽しむことができる料金だ。最初に生ビールを頼むとプレミアムモルツが
 出てきたのは良かったが、泡立ちが荒く、やや雑な印象。庶民的な店ならさほど気
 にならないが、高級店なのだからこういう細かな部分まで配慮してもらいたいな。
 
 料理は最初が牛肉のカルパッチョ。カルパッチョは本来、牛肉で作るものなので、
 これはいいなと感じた。脂の融点が低い部位を使い、とろんとして甘味も旨味も
 しっかりしている。
 味付けは伝統的にマヨネーズが少しと、パルミジャーノレッジャーノ、バルサミコ酢
 など。実はこの日の料理で、これが最も気に入ったかもしれない。次に鉄板でチヂミ
 を焼いて出してくれたが、これは可もなく不可もなく。カルパッチョを慈しむように
 食べていると、次に大きなサラダが運ばれてきた。レタス、キュウリ、貝割れ大根、
 トウモロコシ、ブロッコリー、茎ワカメ、ラディッシュなどがたっぷり盛られている。
 サラダ好きな僕は、これは嬉しいなぁと感じた。ただし、味付けがポン酢っぽく、
 ビールともワインとも合いにくいのが気になったので、ドレッシングを選ばせてくれ
 るとなお嬉しいんだけどな。
 
 そしてこの段階で伊勢海老が登場。一人半匹を鉄板で焼き、焼き野菜とソースアメリ
 ケーヌを流す。んー、旨いのは旨いのだけど、伊勢海老を鉄板で焼くという料理法に
 疑問を感じるなぁ。ソースの中には含まれているのだけれど、目の前に置かれた伊勢
 海老のミソを食べることができないのだ。僕は結構頑張ってしゃぶりつこうとしたが、
 やはり砕いて煮出すべきと思う。スープとして出してくれないかなと思ったが、
 ソースには別の伊勢海老の頭が使われているのだし、たぶん出ないだろうと思ったら
 その通りだった。伊勢海老と格闘している間に、立派な牛肉が皿にのせられて運ばれ
 てきた。メインのステーキだ。ヒレかロースを選ぶことができるので、僕が頼んだの
 はロース。
 この店で使うレベルの肉になると、ヒレでも脂がしっかり入っており、脂の量がそう
 変わらないのであれば、ロースのほうが赤身の風味が強くて僕は旨いと思う。
 焼き加減はレア気味でお願いし、焼いている途中に盛大に炎が上がるなど、パフォー
 マンスは凄いのだが、ステーキとしては凡庸。誤解してほしくないのは、肉は間違い
 なく旨いこと。長崎産の上等な肉だったし、添えられたフライドガーリックも香ばし
 い。肌理の細かい大根おろしがたっぷり添えられたポン酢で食べても、そこそこ旨い。
 しかし、ステーキとしてはもっと上手に焼く方法があるんじゃないかなぁと思うのだ。
 上手に焼かれたステーキは内側から少し膨らんだようになり、生ではないけれど、
 熱は入っている。鉄板焼きの場合、熱源の問題でそういうふっくらしたステーキは焼
 けないのではないかと僕は思うのだ。肉は実に旨いけれど、料理法によってはもっと
 旨くなる可能性があったのでは?というのが僕の心残り。
 
 その後、モヤシやエリンギイなどを野菜を焼き、ステーキの時に除いた脂身を混ぜて
 ガーリックライスを作ってもらって終了。赤ダシ、漬物とともに、牛脂をまとった
 プリプリのガーリックライスを食べ、最後はデザートに苺が出た。これは同行者の
 食べるスピードが速かったからかもしれないが、料理の提供は速めで、僕のように
 ゆっくり食べる人にはワンテンポ速い。フリードリンクにした弊害だろうが、料理
 に合わせた酒を選びにくかったのも困った。嬉しかったのはサラダのおかわりが可能
 だったこと。3杯も食べる人はいないだろうが、僕は一度おかわりして野菜をたっぷり
 摂った。
 しかし、そのことを考慮しても、料理だけを考えれば、コストパフォーマンスが良い
 とは決して言えない。スタッフの頭数がとても多いので、人件費にかかっているコスト
 がかなり多いと思う。もちろん、その分、サービスは良い。つまり、お大尽気分を味
 わいたいのであれば問題ないけれど、単に旨い料理だけを目的とするならばここでな
 ければならない理由が少ないのだ。逆に接待で使うには良いと思う。外国人、特に西
 洋の人には鉄板焼きの人気は高いし。僕は当然自腹だったので、費用対効果的には
 少々不満が残ったということだ。要は使い方だし、こういう店が広島市内にあるとい
 うことは大切なことなので、TPOでチョイスすべき店だなと思った。 (07.12)