天然酵母パンの店

「麦麦」(三良坂)と「ル・サンク」(総領町)

 最近、天然酵母のパンの文字をよく見かける。天然酵母つまりイースト菌では
 なく酵母菌を使ってパンをつくるパンのことであるが、比較的管理が簡単な酵
 母にホシノ酵母と言う酵母があるが、この酵母を使うとお店の特徴がでにくく
 どうしても同じような味になってします。今回紹介するニ店は干しぶどうから
 レーズンエキスを作りさらに発酵させて酵母菌を育て、それを使ってパンを作
 っているのである。店によってパンの味が違い、お店の特徴を出すことができ
 る。しかし、酵母が不安定で管理も難しく大変な作業なのである。

 さて、三良坂にある「麦麦(むぎむぎ)」は、三次方面から184号線を進み三良坂
 小学校を過ぎたところ、特産開発加工所の一角にある。大阪・神戸などで修行
 を積み、三良坂町のパン職人公募に応じ家族で越してきた野島さんが作っている。

 地元の小麦を使いバリエーション豊富なパンが並ぶ店内は明るくて、次から次へ
 とお客さんがやってくる。全てのパンが天然酵母ではありませんので天然酵母
 のパンはどれですか?と買う前に尋ねて下さいね。また、買ったパンはお店の
 前のテーブルで食べることもできる。オーガニックの珈琲と一緒に私達は食べ
 た。天然酵母のパンはやはり日本人の食生活にはまだまだ馴染みにくいと感じ
 るが、ここのパンは食べやすく硬めの好きな私はこんなお店ができてうれしい。
 珈琲はもう少しと感じる。応援したいお店である。
 
 次に、総領町にある「ル・サンク」ここは場所がとても分かりにくい。地元の
 人でも間違うくらいとか、場所はホームページで確認してほしい。
  http://ww4.tiki.ne.jp/~le-cinq/
 ここももちろん自家製の天然酵母を使い、なんと石窯で焼き上げる。世間は狭
 いものでここの石窯は私の友達のお父さんが造ったのだと最近知った。
 
 私達が始めてお店に行った時は、残念ながらパンを焼く日ではなかったためパン
 を買うことができなかった。行くときはあらかじめ確認していくことをお勧めする。
 【パ ンを焼く日】 水・木・土・日曜日 パンはだいたい13:00頃焼き上がる
 【ケーキを焼く日】 火・金曜日

 ここのパンはさすがに天然酵母、国産小麦を感じるずっしりしたパンである。
 独特な酸味は自然発酵により乳酸菌とともに活きている証拠で、腸の動きを
 助ける効果もある。しかし、食べなれない方には霧吹きなどで湿られてトースト
 するなどして食べるのがよい。硬いのでこれも柔らかいものの食生活に慣れて
 いる私達には最初はあごがだるくなるくらいである。でも、慣れればこれも
 味の一つで噛むごとに美味しさを楽しむことができる。
 
 ここで忘れてほしくないのが、マドレーヌ(100円)である。私は、ここのマドレ
 ーヌの木目細かさと柔らかいのど越しが忘れられない。まるで新雪を踏んづけ
 ような詰まっていながらふんわり感のあるお菓子である。これともう一つ、
 あんパンもいいぞ。
 
 石窯で焼くパンは重労働である。体を壊さず頑張ってほしいものである。
 1ヶ月に一度広島市内の本通り夢ブラザでもここのパンを買うことができる。
 店主はとても心やさしい方で、天然酵母のパンが始めての方は一度パンにつ
 いていろいろ質問してみて下さい。親切に説明してくれることでしょう。
 
 ☆パン工房「麦麦」 双三郡三良坂町三良坂2120番地
  TEL:0824-44-2661  09:00-19:00 水休み
 ☆「ル・サンク」  甲奴郡総領町大字五箇字上野289
  TEL:082488-7936  12:00-18:00 月休み