第1回 安ウマ!広島

宇品へ行こう!

 最初からズッコケです。私が食べ歩いて 安くてウマイ店を紹介するコーナー
 なのですが、どうしても宇品を知ってほしくってこんなの書いちゃいました。
 題して

      「宇品へ行こう!」

 今回はI Love 宇品でお馴染みの宇品をご紹介します。
 宇品は元々海だったのですが、明治時代に千田貞暁により埋め立てた歴史があり、
 現在では、海岸、東、神田、西、御幸、元宇品と広いエリアになっています。

 現在進行中の事業として、広島ポートルネッサンス21により様々な建設計画があ
 ります。(国際港湾都市、1,000世帯級のマンション群、小学校&中学校、宇品
 モール&ターミナル、広島ベイサイドホテル、湾岸道路計画等)
 また宇品橋が完成したおかげで、紙屋町及び商工センターまでの時間が短縮され
 ました。

 さて、宇品は範囲が広いので、お気に入りの元宇品についてご紹介します。
 広島港の南側に位置する南北1km程の小島で、外周を徒歩で歩くことができます。
 小さい中にもプリンスホテル、ブライダル会場が2つ、病院、小学校、アンフィ
 ニ、スノーバなどがあり、住人も結構住んでいます。
 昔は動物園と水族館があり、象やライオンもいたそうです。
 意外と知られていない元宇品ですが、デートスポットにおすすめです。

 ○デートコースA

 1)プリンスホテルの駐車場に車をとめて、21階の中華料理バイキングを食べる。
 観光客が多いので、くっついて入ると昼食が無料で食べれると糖尿の父親が自慢
 していました。かなりドキドキしたそうです。
 インターネットでクーポン券などもありますし、プリンスホテルに泊まるのもい
 いかもしれません。

 2)ゲームセンターで遊ぶ
 お腹がいっぱいになったところで、軽く運動しましょう。1階にゲームセンター
 があります。
 ボーリング場があるのですが、しょぼーいレーンなのでやめた方がいいでしょう。
 帰りはここの受付係の人に駐車券を渡すと無料になりますのでお忘れなく。
 次に行く前にトイレに行きましょう。

 3)ソフトクリームを食べながら、ヨットハーバーを通り、海沿いを歩く。
 1階で1個300円のクリーミーなソフトクリームが買えます。
 ヨットハーバーは、加山雄三がヨットで入港した伝説があり、ここから宮島行き
 の小型船も出ています。
 今時期から海が徐々に綺麗になってきます。夏は汚いですし、1万トンバースの
 おかげで油臭いです。
 潮干狩りをしている人もいますが、とても食べられるものではありません。
 この遊歩道はかなりの距離があります。端から端まで歩くと片道30分は掛かるの
 で、キリのいいところで引き返しましょう。
 昔は浜辺まで車が入れたのですが、スタックする車が続出するので、バリケード
 が出来てしまいました。(バイクなら入れます。但し満潮時は道路が濡れている
 箇所があるので、滑るとそのまま海に落ちちゃいます。)

 ○デートコースB

 元宇品に入り、道が二手に分かれるので右に行きます。
 山をどんどん登っていくと頂上付近で右手に小さな駐車場が出現します。
 元宇品は国立公園で珍しい生き物や植物が見れる原生林です。
 たぬきやヤマトゴキブリ(通称:ヤマゴキ)が出現したり、名称不明な真っ赤な
 キノコが生えていて、それだけを見に来る人もいます。
 駐車場から灯台へ降りていく道があるので、300mくらい下っていくと海に出
 ます。アウドドアチェアと飲み物を持っていくと良いでしょう。
 海から右に進むと広大ヨット部の倉庫があるので、その辺りの日陰でのんびりし
 ます。
 海を見ると海中から竹が飛び出しています。これは長年に渡り砂浜にアマモを繁
 殖させようとしていましたが、フェリーや潜水艦の波で失敗している名残です。
 雨が上がった夕方は特におすすめです。幻想的な夕日が沈むのを見れます。
 フェリーが行き来するので、かなり感傷的になったりします。

○注意事項
 元宇品では変な人もいますので、暗くなる前に帰りましょう。
 フェリーの波でサーフィンをしようとする人や冬でも海で泳ぐ人、自転車に乗っ
 た上半身裸でタイツ姿のおっさん、ギターを持って泣きながら歌う人が出たりし
 ます。

 ゴミを持って帰るのを忘れずに by cobo