迷ってみましょう広島42

   このコーナーは、積極的に道に迷うコーナーです。

 2008年の11月に橋ができたんです。
と、それだけ聞いてどこの橋だかピンと来たそこのあなた!やっぱり目当ては
御手洗ですか?
去年出来た橋というのは、豊島大橋。下蒲刈島と豊島をつなぐ橋で、この橋の
完成で大崎下島の御手洗の町並みまで車で行けるようになったんです。
ずっと前から評判には聞いていて、是非一度行ってみたいなぁと思っていたん
ですが、フェリーに乗る手間を考えてちょっと尻込みしてました。
しかし、橋が出来たからにはもうこっちのものです。行ってみようじゃありま
せんか。

 広島から車を飛ばして呉へ。トンネルを通って広へ抜け、仁方を過ぎたら橋
が見えてきました。下蒲刈島へと渡る、安芸灘大橋です。通行料金は普通車で
700円。ん〜、ちょっと高いなぁ。もうちょっと安かったらいいなぁ。
橋を渡り、しばらく走りますと、道案内の看板が色々見えてきました。ここ蒲
刈にも色んな観光スポットがありますね。
電車で出かけると、だいたいは駅の待合室で観光情報が得られるのですが、は
て、島だとどうしたらいいかなと思っておりました。観光スポットのような人
の集まるところへ行けば、何か情報が得られそうですね。どれかに行ってみま
しょう。

 一番に目についたのが、松濤園。朝鮮通信使関連の資料館があるようです。
役場の駐車場に車を止め、さあ行ってみようと車を降りますと、首からIDカ
ードを下げたおじさんが近寄ってこられます。あらら、この駐車場、有料なの
かな?と思っていましたら、そのおじさん近寄って来るなり「あ〜、ちょっと
待ってぇよ、さっき人が行っちゃったけぇ一杯かもしれんけぇ」。と、携帯電
話でどこかへ電話を始められました。なんだなんだ、一体どういう事態が進行
中なのか?と思う間もなくおじさん爆走中。「あ〜、どうかね、もうだめかね、
はぁはぁ、そうかね。」と、電話を切り「いや、だめじゃ、いっぱいじゃ」。
と、ここまできておじさん、僕が全く状況を理解できていないことに気づいた
様子。おもむろに今電話した先のことについて話し始められました。電話をし
た先は、この近所にある「かなざわ」という御食事処。そしてこのおじさんは
観光ガイドさんでした。僕が駐車場に車を止めたのが正午近くだったので、お
昼ご飯を食べる場所を探してくれていたのでした。ありがたいことです。

 先に資料館の方へ行ってきます、と挨拶をして歩き出し、ちらっと振り返る
と、おじさん、もう他の観光客の人と話ながらどこやらへ電話をしておられま
した。忙しいことです。

 さて、目当ての松濤園は駐車場から徒歩30秒。入場料金を支払うと、スタ
ンプカードを渡されました。島内にある文化施設を3つ周り、それぞれでスタ
ンプをもらうと、なんと安芸灘大橋の通行料が1回分無料になるとのこと。お
ぉ、これはいいですね。今日は御手洗へ行くのはやめにして、蒲刈で色々巡っ
て見ることにしましょう。御手洗はまた次回。

 その松濤園ですが、中心になるのはなんと言っても御馳走一番館ですね。こ
こ蒲刈はかつて朝鮮通信使の一団が宿泊した場所で、そのとき振る舞われた料
理について詳しく知ることが出来ます。朝鮮通信使は福山の鞆の浦でも宿泊し、
その時には「日東第一景勝」という言葉を残しているのですが、ここでは「蒲
刈御馳走一番」と言ったようですね。

 さて、数ある宿泊場所の中で一番だと評された御馳走とはいかなるものか、
その御馳走を模型で見ることが出来ます。前に写真で見たことはあったのです
が、実際に皿にのせて並べてあるところを見ると、実に豪華な食事ですね。こ
れはすごい。野菜や魚ばかりかと思ってましたら、鴨肉の料理なんかもあって、
現代から見ても随分な御馳走です。江戸時代にこれだけの種類のものを新鮮な
うちに同時に提供しようとしたら、えらいことだったと思いますよ。朝鮮通信
使が2年続けてやってくると藩の財政が破綻すると言われていたようですが、
これはまさにそうですわい。一体どれほど金がかかっているのやら。

 それから、この松濤園でもう一つ面白かったのは、園内の陶磁器館で見た、
全国各地に伝わる朝鮮通信使の土人形です。当時朝鮮通信使は何十年かに一度
やってくる盛大なパレードだと庶民にとらえられていたようで、その様子を真
似した仮装行列なんかが、各地の祭りでも、人気の出し物として行われていた
みたいなんですね。その真似を通じて全国に朝鮮からの文化が広まっていった
ところがあるようなのですが、その土人形の中には、青森で作られた物なんか
もあるわけです。青森なんて完全に朝鮮通信使のコースから外れてるんですが、
そういう場所にも人形が残っていることに、じわっと面白さを感じてしまうの
は、僕がおっさんになってきている証拠なのかもしれないですね。

 この日は他に、どんでん返しのある茶室や、裸婦画なんかを見て、蒲刈で過
ごしました。もちろんスタンプも3つ集めて帰りの通行料は無料。ありがたい
ことです。
次回こそ御手洗まで行くぞ!しばらくは島巡りですね。

                             by 自転車