家路

広島県広島市東区光町2-8-8 TEL:082-261-3365
  11:30-14:30 17:00-21:30 日休 P有

ロースカツ定食750円(1日30食)、ヒレ一口カツ定食850円、ミックス定食800円、
ヒレ卵とじ定食750円、特製ロースカツ定食1,200円、ダブルロースカツ定食
1,300円、カツカレー700円、ソースカツ丼480円、カツ丼(ヒレ)700円

 光町のメインストリートからちょっと入ったところ。天ぷらの名店「くし井」
 の裏にある店だ。僕は昼に訪れて一日30食限定というロースカツ定食を食べた。
 見ていると注文を受けて、生肉に小麦粉を付け、卵液をくぐらし、パン粉を付
 けていた。丁寧な仕事だ。目の前に運ばれた膳を見ると、ロースカツ、キャベ
 ツの千切り、きんぴらゴボウ、味噌汁、ご飯、漬物という内容。さり気なくき
 んぴらゴボウを添えてある辺りが嬉しい。そしてとんかつを持ち上げて驚いた
 のだが、かなり厚みがある。 1.2cm〜1.5cmはあるのではないだろうか。750円
 という価格でこの厚さを実現しているなんて驚きである。肉質もそれなりに良
 い。それほど良い肉を使えないのは当然だけろうが、それにしても頑張ってる
 と思う。唯一、残念なのは衣がやや剥離気味なところだ。衣が剥離した場合、
 肉が固くなることが多いが、そうはなっていなかったので、それほど気になら
 なかったが、やはり衣との一体感には欠ける。最初の小麦粉が多すぎるのか?
 それとも卵液が薄いのか?これが改善されれば、さらに旨くなると思う。揚げ
 加減はほんの少しだけ、揚げ時間を短くできたらより旨くなると思うが、やっ
 ぱりとんかつはしっかり揚げたものが好まれるのかもしれない。小皿に半すり
 胡麻が入れて供されるので、その中にソースを入れ、とんかつを付けて食べる。
 ソースの味はウスターソースに近い、酸味がぴしっと効いたもの。甘くないと
 ころが僕には好ましいな。卓上には塩も置いてあるので、それを振りかけて食
 べることもできる。ドレッシングの類いは置いていないようなので、キャベツ
 にはレモンを絞り、ソースをたらりとかけて食べた。これはこれで悪くない。
 味噌汁は大根を中心にしたものだったが、大根がまだ瑞々しく、ダシがキチン
 と取られている旨い味噌汁だった。豚汁も良いけれど、肉を食べるときに野菜
 の味噌汁はほっとするな。ご飯は特別ではないけれど、炊き立てで旨かった。
 僕にとってはやや柔らかめだったが、気になるほどではない。漬物は沢庵、大
 根葉、キュウリが少しづつ。沢庵だけが既製品のようだったので残念。キュウ
 リと大根葉だけでも充分満足できるんだけどな。近所に勤める人たちは良く知
 っているようで、昼時にはほぼ満席だった。そのためか、夫婦二人だけで切り
 盛りしているためか、強烈に忙しそうで、物理的に至れり尽くせりのサービス
 ではないが、僕は費用対効果の良さがこの店の全てだと思うので、まったく気
 にならなかった。壁のメニューを見ると、試験的にデミカツ丼なども出してい
 るようだ。その他には3分で出てくるソースカツ丼もある。とんかつ店としては
 穴場な店だと思う。近所で働いている人はとてもラッキーだ。(02.09)