連載第7回 広島E級ぐるめ「島のラーメン」

  広島E級ぐるめのモンガです。「目に青葉、山不如帰、初鰹」今ちょう
 ど新緑の美しい季節ですね。この連載も満1年を迎えました。これからも
 宜しくお願いします。

  島に美味しいラーメンがあるという話は以前から聞いていました。いつ
 か行ってみたいとずっと思っていたのです。ゴールデンウィークも終わり
 に近づいたある日、ラーメン仲間のqazさんといつものごとく突発的な
 発案で出掛けることになりました。目的地は予てから懸案の店、大崎上島
 の徳森食堂です。広島市内から車で県道34号(熊野-安浦線)を安芸津ま
 では1時間あまり、安芸津港からフェリーで大崎上島までは30分、思った
 より近いです。ただしフェリーの便は1時間に1-2便程度なので、到着時間
 によってはかなり待ち時間があります。私達はちょうど良い時間に着いた
 ので、ほとんど待たずに乗船できました。
  当日はとても良い天気で、穏やかな瀬戸内海の風景が眼前に広がってい
 ました。大崎上島の大西港に着いて、そこから徳森食堂までは歩いて15分
 ほど。島の中では商店が集まった地域の裏道に目指す店はありました。
 う〜ん何だか郷愁をさそう懐かしい佇まいですね。店に着いたのは14:30頃
 だったので相客はなし、女将さんらしき人が一人で店番をされていました。
 とりあえず中華そば(並)を注文。入口の横にあるショウケースに巻き寿司
 といなり寿司が並べてあります。いなり寿司を一皿取ってqazさんと分けて
 1個づつ食べていると、女将さんに「少食なんやね〜、女の人でも巻き寿
 司1桶と中華そば大を食べるんよ」と笑われてしまいました。
  中華そばは優しい醤油味で、スープは鶏ガラ出汁とチャーシューに使う
 豚肉の茹で汁をミックスしたような感じ。麺は四角い断面でちょっと柔ら
 かめの茹で加減。具はチャーシュー、支那竹、モヤシ、青ネギ。昔ながら
 の優しいラーメンという感じですね。
  店の雰囲気といいラーメンの味といい・・この島出身の人達にとっては、
 この店のラーメンはソールフードなのでしょう。帰省した時には必ず寄り
 たい・・そういう店だと思いますう。穏やかな海と、穏やかな島の人達。
 何かとても心がのんびりした小旅行でした。

徳森食堂

 広島県豊田郡大崎上島町中野5587-14
 営業時間:?〜19:00 木休

  徳森食堂に縁の店が竹原にあります。以前は広島市中区胡町にあったの
 ですが、2004.01に竹原に移転して再オープン、まるとくというお店です。
 かって徳森食堂で働いていた方がやっておられるとのこと。麺と巻き寿司、
 いなり寿司は徳森食堂から運んでいるという情報もありました(この部分
 未確認です)。私自身が食べた印象では、スープの取り方はちょっと違う
 ように思いますが、こちらのお店も美味しいです。

まるとく

  竹原市中央4-5-11-102 Tel. 0846-22-3014
  営業時間:11:00〜20:00 木休

 
            2005.5.25 By モンガ@広島E級ぐるめ