広島の常識・非常識

先月号の「県外のお客様のおもてなし」は、意外と多くの反響を呼びまして、感
想のメールを多数いただきました。そのなかに、今年広島にいらっしゃったとい
う、名古屋出身の主婦の方(広島に嫁入りされたのかな?)が、「広島の常識を
熟知していません」とおっしゃるのですよ。はて、「広島の常識」なんてあるの
かいな?とすれば、「広島の非常識」もあるの?というわけで、「広島大好き
メーリングリスト」の皆様に広くご意見をうかがってみました。

安藤が、「あれ?」と思ったのが、福島生まれ東京在住の方の、「広島でびっく
りした事は、お好み焼きに「うどん」が入る事」というコメント。認知度におい
て、「そば肉玉」は全国制覇を果たしたが、「うどん肉玉」は日陰の身なのね。
「うどん肉玉」好きの安藤はちょっとかなしい。しくしく。

広島の人って、割と大きい都市なのに、列を作ることや、並ぶことに慣れていな
いよね。例えば、5つある、トイレやATMの場合、一列に並び、あいたところ
から順に使うのが普通。ところが、設置者側の誘導がよほどうまく行かないと、
5つに五列ならんでしまう。JR広島駅なら、なんとか列を作って、乗車するけ
ど、一つ隣の駅となると、もう無秩序。ま、秩序がなくても収まるくらいの人数
だから、なんとかなっているんだろうけど。関東で、なんでもない、そこらへん
のバス停で一列に並んで待っている人達をみて、ん〜なんてよく訓練された人達
なんだと思ってしまった。

交通マナーの悪さね。これは、誰でもそう感じているみたい。本当にマナーが悪
いのだろうか?東京、大阪、広島と運転した経験のある方がおっしゃるに、「マ
ナーが悪いんじゃなく、たんに下手なだけだと思う」安藤、大都会での運転の経
験ないからねぇ。あ、そうそう、路面電車と折り合っての運転も、他府県からい
らっしゃった方は、けっこう神経使うみたいですね。

広島といえば、ヒロシマ。「初めて埼玉で暮らして、いちばん驚いたこと。それ
は原爆祈念式典が、民放では特別番組で放送されない、ということです」え?そ
うなの?あれって、ヒロシマだけなんですか。8:15の黙とうが身についてい
る安藤。

広島の沿岸部にお住まいの方なら、見慣れた風景。海が目の前にあります。くる
りと反対を向くと、山が目の前にあります。ふと、そばをみると、川があります。
ま、単に平野部が狭いってことなんですけど、「大阪や東京のように平野で生活
していると、あまりの広大さに目眩を覚えます」というくらい、海山川がワンセッ
トなんだな。

それから、以前書きました、盆とうろうですけどね。「安藤さん、私もあの盆灯
篭を始めて見たときは、目が点でした。福山地方では、あんな習慣ないですよ
ね」「私が、広島で一番びっくりしたのは、安藤様も以前話題に取り上げられて
ました、盆灯ろうです。これは、ほんとに広島だけの文化?だと思います」そう
でしょ。やはりそうでしょ。とってもきれいでしょ。ん?で、なんで「目が点?」

あなたの「広島の常識非常識」がありましたら、ひろしまガイドまで御一報下さい。


 安藤トロワー@兼業主夫(本業主夫、副業会社員)