迷ってみましょう広島45

 このコーナーは、積極的に道に迷うコーナーです。

  宮島の対岸に地御前という場所があります。廿日市市地御前。今回はその地
 御前に行ってきました。
 あらかじめちょっと調べてみたところ、散策用のマップを公民館でもらえるよ
 うです。ありがたいことです。早速出かけてみました。

  この地御前へは、広島電鉄宮島線で行くのが便利です。今回地御前へ行くの
 に久しぶりに宮島線に乗ったんですが、良いですね。通学で毎日仕方なく乗っ
 ていた頃には見えなかったものがあったのだなと、今になって気がつきます。
 そんなものたちが、ガタンゴトンという響きに乗って、目に入っては去ってい
 きます。生活の様子がすぐそこに見えているというのもまたいいですね。線路
 沿いではどの家も線路に背を向けて建っているので、電車からはすっかり油断
 した家の様子が丸見えです。風に揺れるモモヒキ。昼下がりのテレビ。波ガラ
 ス越しのガス給湯器。僕の実家もこの宮島線沿線にあるのですが、やっぱり同
 じように誰かにのぞかれて、そのたびに、もうちょっと片付けろよとか、その
 ビールうまそうだなぁとか、つぶやきを誘発していたのかもしれません

  地御前駅で降りましたら、まずは地御前公民館を目指します。踏切を渡り、
 レトロな交差点を右へ曲がると公民館はすぐそこです。職員さんに声をかけ、
 散策マップをもらったら散策開始。

  マップを見ながらお勧めコース通りに歩いていきますと、おっ、こんな細い
 道を、と思うようなコース設定になっているところもあって好感が持てます。
 鹿の子地蔵なんて、え、これ上っていくの?どこかのお家に通じてるだけなん
 じゃないの?というような道の先にあったりします。大変よろしい。散策マッ
 プというのはこうでなくてはいけません。
  その鹿の子地蔵ですが、たどり着いてみたところで小さな社があるだけ。こ
 れといって特別なものはありません。そこから眼下に見える畑や、裏手にある
 石段なんかを眺めていると、きっとなんか理由があって昔の人たちがここに地
 蔵を据えたんだろうけど、一体なんなんだろうなぁと考えてしまいます。この
 ぼんやりと考える時間がまた楽しいのですよ。

  散策コースの最後は地御前神社。JRと広電、そして国道2号線に挟まれて
 実に窮屈な状態にありますが、とても大きな神社です。特に拝殿が大きい。天
 井には奉納された絵馬も飾られていて、どこか千畳閣を思わせます。
  拝殿から海が見えますが、拝殿への階段の前に立って海の方向を眺めますと、
 すぐ目の前、境内の中を車道が横切り、その先に海の方を向いた狛犬と石の鳥
 居。鳥居の向こうにフェンスがあって、線路と国道が走ってます。そして国道
 の向こうがやっと海で砂浜。
  海からの参道を、分断されているのですね。そういえば糸崎にある糸崎神社
 もこんな感じで海からの参道を分断されていました。車に乗って走りゆく人々
 は、そこが参道だったなんて思いもしないでしょうね。もちろん僕も、人のこ
 とは言えないのですが。

  海へ出たついでに、海沿いに歩いてみました。港にはカキ漁船、岸にはカキ
 水揚げ工場。地御前のカキは有名ですね。今の時期はまだどこもひっそりとし
 ていますが、もう少し寒くなると、ここも忙しくなるのでしょう。今年もあと
 3ヶ月かぁ。早いなぁ。

 地御前公民館 「じごぜん史跡めぐりマップ」
http://members.fch.ne.jp/hatsukaichi.city.jigozencc/chiiki.htm

                              by 自転車