昭和が押し寄せてくる街並み

迷ってみましょう広島5

   このコーナーは、積極的に道に迷うコーナーです。

  広島駅南口から少し西に行くとすぐに見える高架道路。その高架道路と山陽
 本線の線路と駅前通りに挟まれた辺りに、「これでもかっ」と言わんばかりに
 昭和が押し寄せてくる街並みがあります。南区大須賀町。今回はここにあるラ
 ーメン屋「金龍亭」に行くことにしましょう。この金龍亭、何とラーメン1杯
 が350円なのだそうです。とても平成とは思えぬ値付け具合です。その上営
 業は平日の昼のみと、データを聞く限りでは何がどうなってんのかさっぱり分
 かりません。これは一度行ってみなくてはいかんでしょう!

  さて、高架をくぐると大須賀町の始まりです。うわーここ道狭っ。そして小
 さい建物がびっしり並んでます。こんなところで火事になると街中全部燃えて
 しまうなぁ。えーと金龍亭は奥から2番目の道を左と・・・あーあったあった
 ありました。ラーメンって書いてあります。これかぁ。こりゃまた小さい店だ
 なー。間口が軽自動車ぐらいしかないですよ。さあ中はどうなってんでしょう
 か、早速入ってみましょう。ガチャガチャ。あらっ開かんよ?ガチャガチャ。
 閉まっとんかのう?でも換気扇は点いてますね。なにやら営業してない雰囲気
 ですが・・・あーっ、よく見たら鍵が閉まってる!もーマジかよ参ったなぁ。
 違う店行くかぁ。換気扇は点いとるのにっ!(ぐやじ〜)

  ところで、改めて見回してみるとこの界隈、すごい事になってますね。さっ
 きも書きましたが、右も左も隣同士ぴったり密着しているんです。どうやって
 建てていったんでしょうか。それよりもこの状態なら、普通は「隣家」→「隣
 家外壁」→「我が家外壁」→「我が家」となるところをいっそのこと「隣家」
 →「隣家外壁」→「我が家」としてもいいんじゃないでしょうか。つまり両隣
 が既に建っている場合は両隣の外壁をそのまま我が家の内壁にしちゃって、カ
 レンダーとか相撲番付とか由美かおるお色気ポスターとか貼ってもOKってな
 事が出来るんじゃないでしょうか。ダメ?隣が取り壊しになった時困る?なー
 にちょっと涼しいぐらい我慢です。(福山の鞆地方には隣家と外壁を共有して
 いる昔の建物が今もあるそうですが、壊す時はどうするんでしょうね。)

  さらにここの建物は2階以上の部分が思いっきり道に張り出してますね。1
 階部分は道に沿って何事もなくすまし顔で建っていますが、2階からがどーん
 と張り出して空間を稼いでます。もうウハウハです。また、「ひさしが出てる
 だけなんざますよオホホ♪」という顔して実はそのまま2階じゃん!という、
 突っ込まれるのを待っているとしか思えない建物もあります。その上、どの建
 物も3階建て以上なので、道を歩いているとまるで谷底を歩いている様な気分
 になります。うーむ、正にプチグランドキャニオンという言葉がふさわしい。

  結局この日は「とんかつ酒房かつまろ」という豚カツ屋で和風ハンバーグ定
 食食べました。なんで豚カツじゃないんやという突っ込みは無しね。

 「金龍亭」広島県広島市南区大須賀町11-10

 「とんかつ酒房かつまろ」TEL:082-262-8112
      広島県広島市南区大須賀町13-17
                             by 自転車