王城恋太の「広島うどん屋探訪」-21-

 「残暑のこの時期、あなたはどっち?」   小町うどん

 「皆様、残暑お見舞い申し上げます!」いやーっ、まだまだ暑い日が続きます
 ねえ。夏バテされてませんか?「お昼はなんかあっさりした物にしよっ!」と
 考えているあなた、「小町うどん」に行ってみたら?

 中区のNHK近辺はうどん屋さんの激戦区です。鯉城通りはさんで、大手町側
 には「たぬき」、小町側には「讃岐屋」「小町うどん」ちょっと前には「はな
 まるうどん」(閉店)もありました。
 今回はその中でも頑張っている「小町うどん」を紹介しましょう。

 場所は鯉城通りと平和大通りの交わる白神社の交差点を1本東側、一方通行の
 道を南(国泰寺高校方面)に行きます。左手をよーく見ててくださいね、1ブ
 ロック行ったちょっと先にうどんの幟があるでしょう。
 「そこっ、そこですよっ!」小さいですが感じのいい店です。

 さあ中にどーぞ!、

 左手にカウンターと厨房があります。まずはカウンター奥の店主にうどんを注
 文しましょう、何にします?

 壁にお勧めメニューが貼ってあります、

 「サラダうどん」「カレーうどん」「カツカレーうどん」。んんっ??
 「カツカレーうどん?」
  カレーうどんはどの店にもあるけど「カツカレーうどん」とは。。。
  (いやいやっ、この時期ガッツリいかんと(笑))

 もちろん普通のうどんもありますよ!、「あなたはサラダ派、カレー派、
 それとも?」恋太はどっちも(笑)。。。

 「サラダうどんお願いします!」

 カウンターでちょっと待って出てきたうどんは??
 「おおおっと、ゴマ風味だー!青物は水菜か?」。
 トッピングに「おにぎり」をチョイスし清算、テーブルに移動してよーく見ると。
 やや太めの麺の上に「鶏ササミ・生の水菜・ゴボウ・ニンジン、そしてゴマダレ」

 基本のうどんは、やや太めでもっちりのややコシ。
 このうどんにゴマダレは合いますねえ!。
 タレはすこしピリカラ風にしてあります、このピリッとが食欲がない時にイイん
 ですよね!!。

 うどん、ササミ、水菜、とちょっとずつ食感を変えながら食べると、
 食が進みます。ついでにおにぎりもムシャムシャ。。。(笑)

 続いて「カレーうどん」。「夏にはコレよねーぇ!」という方も多いでしょう、
 ここのカレーうどんのルーは、まんまカレーライスのルーです(笑)。
 (そうそうメニューには「カレーライス」「カツカレー」もあります)

 もちろん熱いうどんです、カレーのとろみをかき分けてうどんを。。
 もっちり系がさらに増してカレーによく絡みます、
 「いやーっ、かなり辛いです!」。

 ジャガイモ・ニンジンがごろっと入っているルーを「かけ出汁」で少し割り、
 よーく混ぜて食べると、又いいんだなぁー。。

 さあっ、早くご注文をどーぞ!!

 「カレーライスとかけうどん小を。。」

 はいっ、その組み合わせ「ぜーんぜん、OKです」(笑)。

「小町うどん」
 広島市中区小町5−20 TEL:082-247-3913   P 無し
〔営〕11:00〜 (土曜日は14:30まで)〔休〕日曜日

「サラダうどん(小)」375円 「カレーうどん」378円 
「かけうどん(小)」252円