迷ってみましょう広島40

   このコーナーは、積極的に道に迷うコーナーです。

 迷ってみましょう広島40

  前回の水道資料館につづいて、水つながりということでここへ行ってきました。
 行ったのは広島市西区商工センターにある広島市水産振興センターです。
 センター内に資料館があるんですよ。

  ここの資料館には前にも来たことがあるのですが、小さいながらも展示内容
 が豊富で、海苔や牡蛎などを中心とした広島県の海の漁業について勉強するに
 はここが一番です。入り口の用紙に必要事項を書き込んだら、中に入ってみま
 しょう。(そう、ここも用紙を見る限り僕が当日最初の見学者のようでした。)

  まずは第1展示室から。カブトガニの剥製やシーラカンスの魚拓、魚に関す
 るクイズなんかもあって、魚好きな人じゃなくても楽しめます。
  順路の中程に大きな水槽があって、魚が気持ちよさそうに泳いでいるので思
 わず寄ってみました。クロダイにイシダイ、カワハギもおるなぁ。
  しばらく魚を見ていて、ちょっと不思議なことに気がつきました。どうも魚
 が、僕の方に寄ってきているような……。試しに少し移動してみると、カワハ
 ギたちがつつつーっと僕について移動してきます。右に行けば右、左に行けば
 左。ガラスにぐーっと顔を近づけてみると、おちょぼ口のカワハギがじーっと
 見つめ返してくるじゃないですか。ふんだ、エサなんか持ってないんだよーだ。
 でもかわいいなー。魚屋で見たら旨そうにしか見えないんだけどなぁ。

  他にも、このセンターで人工ふ化させているヒラメの稚魚なんかも展示され
 てましたが、こいつらも水槽の前に立つと、どどどーっと寄ってくるんです。
 面白いですよ。

  しばらく魚と遊んでから、第2展示室へ。そう、なんと言っても水産振興セ
 ンターの売りはこの第2展示室です。この部屋では、広島県内に生息する色ん
 な魚が水槽で飼育されているのです。一つ一つの水槽は家庭でもよく見るサイ
 ズの水槽でしかないのですが、なんたってその数が多いので、さながらミニ水
 族館といった感じなのですよ。
  それで、この第2展示室の人気者がスッポン君だと水産振興センターのホー
 ムページに載ってたんですが……。居ました居ました、入ってすぐの水槽に。

  このスッポン君が、実に激しく動いておりまして、首を伸ばしたり縮めたり、
 ガラスをガリガリ引っ掻いたり、たいへん忙しそう。むむむ、ひょっとしたら
 こいつもじゃないの?、と思い、水槽の前で右へ、左へと移動してみますと、
 スッポン君も負けじと右へ、左へ、じたばたしながらけなげにも付いて来るじ
 ゃないですか。すごいなぁ、面白いなぁ。かわいいなぁ。こりゃもうスッポン
 鍋食べられんですわ。

  ちょっと水槽から離れようとすると、「待ってーーー!」と、ついて来よう
 とするんですよ。3メートルぐらい離れてもまだ、水槽でじたばたしてる。ス
 ッポン君、思ったより目が良いですね。
  スッポン君から離れて違う魚を見て回った後、再びスッポン君の水槽にちら
 りと目をやりますと、あらっ、スッポン君、水槽の底の方でじっとしてますよ。
 あら〜、誰も居ないと静かにしてるじゃないですか。ちょっと近づいてみまし
 ょうかね、どの辺で僕に気がつくかな?そろり、そろり、まだ気づきませんね。
 そろり、あっ、じたばたし始めた!こっち見てるし!うわー見つかっちまった
 よ。よく見える目だなぁ。

  うーむ、スッポンがこんなにかわいい生き物だったとは知りませんでした。
 安佐動物園でバットをくるくる回す熊が人気ですけど、このスッポン君もかな
 りいい線いってますよ。ご家族で会いに行かれてみてはどうですか。

広島市水産振興センター
http://www.suisansc.or.jp/index.htm

開館日に注意してください。
                             by 自転車