灰ガ峰

迷ってみましょう広島11

   このコーナーは、積極的に道に迷うコーナーです。

 高校の時、登山部にいたんです。山ばっか登ってました。そして今ぐらいの
時期になると思い出す嗚呼あのしんどい県総体。登山だってね、ちゃんと競技
があるんですよ。高校2年の時でしたか、灰ガ峰で大会がありまして。灰ガ峰
で大会が行われるときはいつも過酷な大会になるらしいんですが、この時もな
かなか大変で、参加した50チーム弱のうち半数以上が途中リタイヤするとい
うすごい状況になりました。そんな山です灰ガ峰。今回は呉です。

 呉の駅を降りると目の前にそびえる灰ガ峰。頂上からの展望の良さは県内で
も最高レベルで呉市内・瀬戸内海が一望できます。戦時中には高射砲も設置さ
れていて一般人の登山は禁止されていたんです。そりゃそうでしょうね、ここ
に登れば戦艦もドックも丸見えです。

 さて、呉の市街地にいると、どこからでも見えてしまう灰ガ峰。おまけに整
然と区切られた街並み。車道も歩道も広くて快適。と、これはどういうことを
意味するか・・・これじゃ道に迷わんじゃないか〜〜!!
 そうなのです。呉では道に迷えないのです。これは困った。どうしたもんで
しょうか。困ったのでれんが通りの本屋さんで呉市の地図を買ってしまいまし
た。とんだ出費です。喫茶店でう〜む地図とにらめっこすること20分。とり
あえず山の手の方へ行ってみるしかないようです。

 楽しい街並みに出会うには、古いお寺や神社を見つけてその近辺をウロウロ
する、というのが一番手っ取り早いのですが、どうも地図を見る限り呉の中心
部にはお寺も神社も少ないようです。空襲で全部焼けちゃったのかなぁ。とい
うことで少し山の手の方へ歩いてみるしかないですね。
 呉の街は三方を山に囲まれているので、海じゃない方であればどっちに行っ
てもすぐに上り坂になってます。おっ、何だか道が細くなって面白そうになっ
てきましたでぇ。家並みも何やら時代がかって参りました。ほら、あの路地の
奥に見えてる塀は煉瓦で出来てます。渋い感じで朽ちかけてますね。お、この
流れの渡し石もいい感じじゃないですか。ここの玄関の引き戸は曇りガラスで
すね。そういえば最近見なくなりましたね、曇りガラス。ボールが当たるとす
ぐ割れちゃうんだよなー。よく叱られました。パリーンガシャ「コラー」「や
っべー」コラーお前だろウェーン僕じゃないです嘘つくなコラッご免なさい僕
ですウェーン。

 だめだ曇りガラスばっかし見てたらブルーな気分になっちまう。

 あららっ、もう行き止まりですね。俺そんなに上まで来たのかな?いえいえ
ちょっとしか歩いてないですよ。思っていたより街が奥に深くないようです。
横方向にはまだ街が続いているみたいですね。横方向に発達したのかな。

 さて、呉の山の手を歩いていて気が付いたんですが、この街は他の似たよう
な街に比べて空き家が少ないですね。これはとっても良いことだと思います。
淡々と人が住み続ける街は、少しずつ、少しずつ新陳代謝をしてゆきます。新
しいものは徐々に古くなり、古くなり過ぎたものは少しずつ新しいものと入れ
替わっていく。これって、当たり前のようだけどとても難しいことですよね。
こういう所に住むと、のんびり暮らせるんじゃないでしょうか。

 そうそう、昼飯は「仙八来来軒」と「モリス」でラーメンを連食しました。
両店ともすごい繁盛具合でビックリでした。昼過ぎからは「クレール」で地ビ
ールを五杯くらい飲みました。ここのビールなかなか僕好みの味ですよ。ほん
とは屋台も行ってみたかったんですけど、なぜか地面がすごい勢いでグルング
ルン回るので今回は諦めました。また夏にでも行こうと思ってます。

仙八来来軒
tel 0823-23-3857 広島県呉市中通3丁目4−3

モリス
tel 0823-22-1297 広島県呉市本通3丁目3−7

クレール
tel 0823-26-9191 広島県呉市中通1-1-2 ビューポートくれ1F
http://www.kurebeer.com/
                             by 自転車