迷ってみましょう広島13

   このコーナーは、積極的に道に迷うコーナーです。

  県内最大の観光地、宮島。もうすぐもみじも紅葉し始めることでしょう。そ
 の宮島へ行ってきました。「え〜宮島なんて面白くないじゃ〜ん」とおっしゃ
 るみなさん、今回は、そういうみなさんに送る『観光客に会わずに大元公園ま
 で行こう』ツアーです!宮島の街は乱開発がされていないこともあって、ちょ
 っと裏手にまわると風情のあるいい路地がけっこう残されているんです。そん
 な路地を辿りながら、桟橋から大元公園まで行く道を紹介しましょう。

  まず、桟橋に着いて改札をくぐったら、右の方にある観光案内所で地図をも
 らいましょう。「宮島の案内絵図」という絵地図です。漢字では「案内絵図」
 と書いてあるのに、ふりがなは「まちあるきイラストマップ」。かなり苦しい
 当て字ですが、そこらへんは気にしないことにします。

  桟橋の建物を出たら普通みんな右の方に行っちゃいますけど、それでは観光
 客の思うつぼです。観光客に会わないのが今回の目標です。ここはトンネルを
 抜けて要害山の裏手に出るのが正解です。あ、トンネルといっても桟橋のすぐ
 正面にあるちっこいトンネルのことじゃないですよ、もうちょっと奥に大きい
 のがあるんです。そいつを抜けましょう。

  さて、山の裏に出ると街並みは一変します。観光とは無縁の、ごく普通の街
 並みが広がっています。ここからは、なるべくでっかい通りに出ないようにブ
 ラブラしてみましょう。山に近い方の道を選んで歩くと、石の階段があったり
 「え?ここ通っていいの?」というような道もあってなかなか楽しいです。

  そうして歩いていると「誓真釣井(せいしんつるい)」という名前の付いた
 井戸を見かけると思います。僕も何かと思いました。説明版があるので説明を
 読んでみると、誓真という名前のお坊さんが作った井戸なのだそうで、現在島
 内に4つ残っているとのこと。で、その誓真さんは宮島でしゃもじを作ること
 を広めた人でもあるそうで、宮島ではかなりの有名人のようです。なるほど。
  井戸には手動ポンプがついてます。プラスチックの桶なんかが置いてあると
 ころを見ると、今でも水が出るのかな?では早速・・・キーガッ、キーガッ、
 キーガッ・・・。出ませんのぅ。それにしてもきしむ音が結構でかいのがちょ
 っと恥ずかしいなぁ。誰も居ない静かな昼下がりの路地に、空しく響くポンプ
 の音。嗚呼静けさが憎い。こそ〜っとあたりを見回して・・・誰かが変な目で
 見たりしてないよね。よし、勇気を出してもう一回。キーガッ、キーガッ、キ
 ーガッ・・・やっぱり出んじゃんか!ひゃー恥ずかしっ。家の中でのんびりし
 ているよれよれランニングシャツ一丁のおじいさんとかに「あーまた誰か観光
 客が水も出ん井戸いらぃよぉるわぃ」とか思われてたらどーしよう。うっ、こ
 こは素早く退散あるのみ。それにしても本当に水は出ないんでしょうかね。も
 うちょっと頑張ったら出てたのかな?誰か試してみてください。

  厳島神社の裏手あたりでは、どうしてもたくさん人のいるところを通ること
 になります。もみじ谷公園の岩惣あたりからぐるっと山の手を回ってもいいん
 ですけどね。まぁここらへんでちょっと街中を歩くというのも手です。
  宝物館のところまで来たら、すぐ横の石段を登って多宝塔まで上がってみま
 しょう。石段の途中で幹にでっかい穴の空いた見事な樹があるのでそいつをナ
 デナデします。多宝塔から海を眺めたら、後は山沿いを通って大元公園まで直
 行です。

  さて、ゴールの大元公園は、同じ宮島にあるもみじ谷公園と比べるとちょっ
 と知名度は低いのですが、巨木が多く僕はとても好きな公園です。広島市近郊
 でこれだけ大きい木のあるところは他に無いんじゃないでしょうか。マイナー
 なこともあって人が全然いないというのも高ポイントです(人はおらんが鹿は
 おる)。トイレはちゃんとあるし、海のそばには無料休憩所もあったりして施
 設はバッチリなのに何で誰も来ないんでしょうか。あ、それから大元公園の隣
 にある「国民宿舎みやじま杜の宿」ではお風呂だけの利用も出来るみたいなの
 で(一人500円)、一風呂浴びて帰るというのもいいですね。

  もう一つおまけ情報を。最も人通りの多い表通り商店街。土産物屋がいっぱ
 いのあの通りから裏の通りに抜けられる路地をふたつ紹介しておきましょう。
 絵地図にも載っているのですがちょっと分かりにくいのです。
  一つ目はもみじ饅頭の藤井屋の向かい、「お食事処きらく」と「焼きがきの
 はやし」の間にある路地です。裏にある町屋通りに抜けられます。
  二つ目は郵便局から少し桟橋寄り「喫茶しま」と「ほしで土産店」の間の路
 地です。途中でめちゃくちゃ細くなりますがちゃんと抜けられます。ちなみに
 その「喫茶しま」の隣、「フォトクラブ弁天」ともう一つ隣の「かき直売沖野
 水産」との間にもほっそ〜い道がありますが、これは行き止まりになっていま
 すので入ってはいけません。
  なお、どちらの道も、その道沿いに住んでおられる方の生活道ですので、抜
 けるときには失礼のないよう注意しましょうね。

  それでは、いってらっしゃい。 

 宮島町観光協会
  http://www.miyajima.or.jp/
   右の真ん中あたりにある「宮島のマップ」をクリックすると「宮島の案
   内絵図」が見られます。
 

                             by 自転車