■自転車さん
 迷い続けて50回目の連載になります。おめでとうございます。
 毎回毎回読むのが楽しみで根強いファンがいることをうれしく思います。
 瀬戸内の魅力も私にとっては新発見でいつも脳が活性化されます。
 今度は一緒にどこかにでかけませんか。
 今日の迷ってみようも、友達が何人かいるのですが村上さんの多い島ですよね。
 私の友達は素朴でとても親しみやすい人ばかりです。

■蕎麦の探求に終わりなし
 蕎麦を食べ歩き出して20年以上が経ちました。今思うとあっという間の20年です。
 先日、蕎麦をとことん追求しておられる方にお会いしました。この出会いも、
 とてもうれしく、いろいろな方が引き寄せてくれたんだと皆さんにも感謝です。
 そして、私が忘れかけていたことを思い出させてくれて、刺激ある一日になりました。
 最初、私が蕎麦に魅力を感じたのは見た目の蕎麦打ちでしたが、そこからいろいろ
 関連のことを探しあるしていて、蕎麦の実、そばの粉、つゆのことなど毎日が新鮮
 でしたが、限界を感じていたのでしょうか。ある一定のところから飛躍する意欲が
 なかなか沸かない状態でした。
 今回感じたのは、行動からすべてが始まるということです。
 最初に志した、蕎麦の伝統からの「守破離」を今もう一度考えようと新たな志を
 立てました。
 いよいよ蕎麦の探求のスタートです。