菊屋

広島市中区鉄砲町7-7 TEL:082-227-1275 AM11:00-PM03:00 17:00-22:00 日祝休

 和豚もち豚定食950円、特上ロース(もち豚)カツ定食1,250円、
 ヒレカツ定食1,400円、ジャンボチキンカツ定食800円、
 串あげ親方おまかせコース2,000円、串あげ各種100〜300円

 夜は串揚げもあり、カツサンドも提供している店だ。 昼にほとんどの客が注文
 する「とんかつ定食」を頼んだが、なるほど、これなら客が集まる訳だと感じた。
 900円という昼食としては少し高めの価格設定ながら、肉がしっかりと厚いため
 不満はない。
 脂身がほとんどなく、赤身ばかりの肉で、揚げ具合がピタリと決まっている。
 中心にまだロゼの部分が残っているのだが、余熱できっちり熱が通る。 ただ、
 豚肉であるため「芯までしっかり白くなってなくちゃ食べられない」という人は
 避けたほうが無難だと思う。僕は昔、豚肉に当たったことがあるが、最近の豚肉
 はほとんど当たらないし、そんなことは気にしない性格なので、全然大丈夫。
 衣は、パン粉が細かいけれど厚みはあり、カリカリでクリスピーというか、ちょ
 っとスナッキーな触感だ。
 ソースは甘口の、ちょっとざらりとした舌触り。 野菜が多く使ってあるのだろう
 が、今度は辛口をチョイスしたいな(デフォルトは甘口)。 あと、旨いとんかつ
 は塩で食べたいから、卓上に塩がほしい。 残念なのは豚肉自身の味で、ちょっと
 味が薄く、物足りなさがある。しかし、900円定食だからね。これは無理な相談と
 いうものだろう。ご飯は好みがあろうが、僕にとっては柔らかすぎるもの。あまり
 に柔らかいご飯は、糠の臭いが出てしまうように思うのは僕だけなのだろうか?
 味噌汁はもう少しダシをとってほしいし、漬物は甘ったるい大根と辛し高菜。
 キャベツはもう少し細く切ってほしいと思った。 なお、ご飯、味噌汁、キャベツ
 はおかわり自由。 13:00以降はコーヒーをセルフサービスすると掲げてあったが、
 12:40くらいから提供されていた。 全体的に、900円でこの内容ならば、星3つ。
 費用対効果の高さは素晴らしいと思うのだ。 (00.04)
 再訪。カツサンドはメニューからなくなっていた。昼のとんかつ定食は和豚もち豚
 定食と名前を変えており、素材である豚肉の品質が向上したことがうかがえる。
 僕はその和豚もち豚定食を頼んだ。 衣の頃合いは以前と同じで好ましい。肉の厚
 みもしっかり満足できるレベル。 肉は一目見て、以前よりも品質が高いことが判
 った。肉の繊維からほとばしる肉汁の量が全然違うのだ。1,000円以下の定食だか
 ら、どうしても値段的制約があるようだが、相当満足できるレベルになっていた。
  脂身の部分の透明感とジューシーさも以前とは全然違う。また、ソースの甘さが
  控えめになっており、甘口と辛口の分類がなくなった。 全て辛口に統一したのか?
  それとも中間をとったのか? 僕は、主張しすぎずトンカツに寄り添う良いソース
  だと感じた。前回、ご飯が柔らか過ぎ、やや糠の匂いが出ていると指摘したが、
  それも今回は感じなかった。味噌汁のダシはもう少し、と感じたが、ここの味噌
  汁はおかわり自由なのだ。あまりに旨すぎる味噌汁を出すわけにはいかないのだ
  ろう。 そう。ご飯、味噌汁、キャベツのおかわり自由も相変わらず。 たった50
  円の値上げで、これだけ内容を充実させるのだからすごい。値段を含めたトータ
  ルバランスは県内屈指なのではないか。他店と同じ星3つにしておく訳にはいか
  ないレベルなので、星4つに変更する。 (02.01)
             ‥‥‥‥シャオヘイ拝‥‥‥‥