行楽

 広島市佐伯区五日市中央3-9-34
  TEL:082-921-2988 10:00-15:00 17:00-22:00 土休

 ミンチカツ定食500円、コロッケ定食550円、フライ定食550円、焼肉定食550円、
 野菜炒め定食600円、唐揚げ定食650円、とんかつ定食580円、とんかつ(大)定食
 650円、ロースかつ定食650円、ダブルハンバーグ定食650円、
 ハンバーグデラックス定食650円、コロッケハンバーグセット700円、
 唐揚げ焼肉セット750円、焼めし400円、焼めしとんかつ650円、
 カレーライス400円、かつ丼480円、かつ丼スペシャル580円、
 目玉焼き丼350円、焼そば350円、ご飯大盛+100円

 コイン通りの西にある岡の下川沿いにある店だ。僕はここの唐揚げ定食のボ
 リュームが凄いと聞いて訪れたのだが、店の前まで来ても駐車場がない。
 店の女性に聞くも「なんですよ」との返事。困ったなと思いながら近所を探して、
 コイン通りの近くでやっと駐車場を見つけた。歩いて5〜6分の距離だ。
 ま、いいかと思いつつ店に着くと、店の前に路上駐車が2台。んー、この道は
 交通量がある程度あるので、ちょっと拙いんじゃない?と思ったが、
 そのまま店内へ。
 
 壁に貼られたメニューをざっと見ると、かなり様々で、どれも安い。 500〜700円
 で定食が食べられるようだ。しかも、ボリュームがあるというのだから嬉しいでは
 ないか。店内でも食べることはできるが、弁当の販売も行っており、それを見てい
 ると、確かに凄いボリュームだった。弁当蓋が閉まらないほどのご飯とおかずが盛
 られ、上から押し付けるように蓋を閉める。大人しく推薦された鶏の唐揚げを食べ
 ようかと思ったが、フライ定食というのが目に付いた。内容を訊くと、白身魚のフ
 ライ、コロッケ、牡蠣フライというではないか。うは、これは嬉しいなと思い、
 ついそれを頼んでしまった。
 
 しばらくして運ばれて来たのは、それぞれが1個ずつ盛られ、キャベツの千切りが
 こんもりと盛られたメインの皿、それに丼ご飯、味噌汁、水菜のお浸し、壺漬けと
 いう内容だった。
 揚げ物を見て「あれ?」と思ったのだが、見た目がとても既製品っぽい。牡蠣フラ
 イを食べて、あちゃー、しまったと感じた。この辺りのフライものはどうやら既製
 品を使うようだ。鶏の唐揚げはちゃんと店で仕込んでいるので、これは間違いなく
 僕のセレクトミス。冷静に考えて、550円で全部手作りできる訳ないじゃないか。
 牡蠣フライは、ま、ムニャムニャという内容だったが、白身魚は揚げ立てというこ
 ともあり、悪くない。揚げ立てのフライにウスターソースをかけて食べれば、そう
 酷いことにはならないんだよね。
 ただし、油がもたれないというのは店の誉れと思う。コロッケは何だかカレー風味
 だった。味的にはこちらもまぁ、ムニャムニャムニャ。ご飯の量はデフォルトでも
 多めだが、+100円で大盛も可能と書いてあった。いや、既に大盛なんだが。
 水菜のお浸しは、一口食べて「うわっ、どしたのこれ?」と思うほど甘かった。
 ご飯のおかずにはなるかもしれないが、野菜の味がかき消されている。壺漬けは、
 普通の市販のものだ。ここは安価にお腹一杯になれるというのが良さだな。

 もっと料理を選べば手作りな旨いおかずもあるようだし。常連っぽい人は、かつ丼
 とか唐揚げを食べていた。ちょっと悔しかったので、テイクアウトで焼そばをお願
 いしてしまった。
 
 店内で食べると350円だが、テイクアウトは400円とのこと。他の定食類もそうなの
 かな?容器代だけ高くなるのかもしれない。しかし、テイクアウトなら路上駐車も
 短くて済むから、なかなかお勧めだ。営業中には頻繁に弁当の電話注文が入ってき
 て、15分後に来てくださいとか言われていた。なるほど、時間指定もしてくれるの
 だ。
 
 それにしても、ご夫婦らしき二人で全てを切り盛りしているから、かなりの忙しさ。
 愛想は良いけれど、あんまりのんびりと客に構っている暇はなさそうだ。
 帰宅して焼そばを食べると、蒸し麺をお好みソースで炒めた、広島の住宅街のお好
 み焼き店で出すような焼そばだった。具はキャベツ、タマネギ、モヤシ、豚肉で、
 油も結構多め。端っこに真っ赤な紅生姜がたっぷり入る。うはは。童心に還る味だ
 な。腹ペコな人がガツンと食べたいときには良いと思う。僕なんかもそうなんだけ
 ど、こういうB級な料理をドカドカ食べるって時々無性にやりたくなるんだよね。
                                   (06.02)