「私の愛する町」

  瀬戸内海に浮かぶ鯛とみかんの町、豊浜町。ここには、近海に集まる
 県鳥「アビ」の習性を借りた漁が、伝わっています。その情景を描いた
 詩にひかれて、あるとき私が町を訪ねました。その詩が合唱曲になって
 いたこと、私も大学の合唱団に所属していたことから、今度は合唱団の
 有志とともに演奏旅行に訪れました。島の家庭にホームステイしながら
 小学校を訪ねる演奏旅行は、以来10年を超えて今も続いています。
  私は大学生という時期にこの町と出会いました。自分の成長の一時期
 はこの町とともにありました。今も島に「帰る」と、島の父さん母さん
 がいます。そんな「愛する町」を紹介します。
                               by saeki
 アビはこんな鳥です
 http://www.chugoku-np.co.jp/setouti/seto/11/setog/4.html

 「愛する町」のページを見てご感想を頂ければ幸いです。

■アビの保護
 広島市南区の画家、三戸博成さんは安芸灘大橋などを描いたカレンダーを
 作成し、販売収益金を「アビ魚」の復活を目指している豊田郡豊浜町の水産
 振興協議会に寄付した。