鵜飼(三次市)

三次市江の川(巴橋下)で行われる夏の風物詩鵜飼は毎年6月15日〜 8月31日に
 観られる。
  鵜飼は、水に潜って魚を巧みに捕える鵜の習性を利用した古代からの漁法で、
 古事記や日本書紀、万葉集にも見ることができる。
  夜のとばりが川面に降りるころ繰り広げられ、烏帽子、腰みの姿の鵜匠の巧み
  な手綱さばきに操られる鵜は、赤々と燃えるかがり火に映しだされ、川面を渡
  る風は涼しく、400年の伝統を誇る優雅な歴史絵巻は夏の夜の叙情をかきたてる。
 
 出船時間は午後 7時30分(〜 8月15日) 午後 7時( 8月16日〜)
 問い:(社)三次市観光協会 TEL0824-63-9268