王城恋太の「広島うどん屋探訪」-53-

「黒い幟のうどん屋」 ーRengeー

 安佐南区西原に新しいうどん屋さんが出来てます。
 場所はアストラムラインの国道54号線、鎌倉パスタのある交差点を西方面に
 50m右手にあります。早速食べに行ってきました。

 ところがお店がすぐには判んないのよ!!
 大きなうどんの幟も黄色の回転灯もない(香川では当たり前ですが(笑))
 よーく見ると黒い幟がありました、黒地に白ヌキで「うどん」と。。
 しかも店名が「Renge」!! ひらがなで「れんげ」なら判るけど。。
 これも店主のこだわりなんでしょうね。。

 お店は20人も入れば一杯のちいさいお店です、見た目にはうどん屋には見えな
 いぞ!!(笑)
 表からは全面ガラス張り、食べる人はちょっと恥ずかしいです。
 外の道で信号停止してる車からの視線感じます(ハズカシイ。。)
 中に入ると右側が厨房、入口側から打ち場・釜場・調理場となっています。
 特に釜場はお客さんからよく見える様、ガラス張りになっています。

 出来て間もないということか?メニュー表は手書きのシンプルな物。
 今回は「かけうどん」「鶏天ぶっかけうどん(冷)」「ちく天」をチョイス。
 メニュー表にも「茹で時間に約10分間お待ちください」と書いてあります。
 という事は注文うけてからの茹でという事、茹で立て締めたてが食べられます。
 釜はお昼に行ったということもあるでしょうが、グラグラ沸騰中、スタンバイ
 OKです。
 早々、生うどんが釜に入りました。ガラス張りなんで一目瞭然ですね。

 まず、「鶏天ぶっかけ」が出てきました、見るからに美味そうです。
 中太の麺はエッジが立っててうっすら黄色してます。こりゃ間違いない(笑)。
 数本食べるとむっちりしていい感じで押し返してきます。これはイイです。
 ぶっかけ出汁はキリッとしてこれまた旨い、醤油濃くもなく飲め干せる感じです。

 鶏天はやや小ぶりな物が8~10個乗ってます。恋太はこのくらいの大きさが好
 きだなぁ。。
 女性もかぶりつくって事しないでもOK、しかも熱々。
 熱々の鶏天にぶっかけ出汁をちょっと染み込ませて。。鶏天、ウマウマーー!!!
 別に頼んだ「ちく天」もうすい衣でサクサク感を上げ、熱々でこちらもGOOD。。

 「かけうどん」、こちらはうどんがさらに優しくなって出汁とマッチしてます。
 この「かけ出汁」がなかなかいいのよ!!広島のうどん出汁は甘いけど
 こちらのは甘さ控えめで優しい出汁になってます。
 ちょっと薄いって人もいるかと思うけど、ここにも店主のこだわりがあって。。
 「讃岐うどん」っていう括りの中じゃない!「Renge」のうどんなんです。
 なので、「ショウガ」「わさび」は付いてきません。
 一緒に出て来る薬味は「天かす」だけです。

 店主は「乃きや」で頑張っていた方「乃きや」のうどんがベースだと思いますが
 店主のエッセンスがしっかり入って、いいうどんに仕上がっています。
 再訪した時、店主に質問してみました。

恋太 「Rengeのお勧めメニューは何?」
店主 「・・・・」(ちょっとシャイで寡黙な店主です)
恋太 「熱いん、冷たいん、どっちを勧める?」
店主 「熱い、かけうどん」
店主 「かけどんにいろいろトッピングして食べて下さい」(笑)

 おっと書き忘れるところじゃった。。こちらには「おにぎり」じゃなくて
 「大豆むすび」があります。再訪した時食べてみたら「おいしーーい!!」
 なかなか考えてますな。
 そうそう平日のランチタイムには「うどんSET」もあるそうです。
 安佐南区西原にいいうどん屋さんが出来ました。

 「Renge」安佐南区西原8-36-4  TEL 082-871-8720
 〔営〕11:30~15:00 17:00~20:00  〔休〕月曜日
 「かけうどん」450円 「鶏天ぶっかけ」700円